【世界選手権2022】最強日本代表が世界選手権への意気込み語る!<記者会見-2>

【世界選手権2022】最強日本代表が世界選手権への意気込み語る!<記者会見-2>

  • BADMINTON SPIRIT
  • 更新日:2022/08/06
No image

8月22日から28日まで日本で初開催されるBWF世界選手権2022(東京体育館)に出場する日本代表選手が、8月6日に行なわれたメディア向けのオンライン会見に応じた。今大会の中継を行なうテレビ朝日による会見には、選抜された13名の日本代表が参加。それぞれ、世界選手権に向けたテーマや意気込みを語った。ここでは、男女シングルス出場する3名と、朴柱奉ヘッドコーチのコメントを紹介する。

【男子シングルス】

No image

桃田賢斗世界選手権の主な成績2018&19年:金メダル

No image

桃田 最近は本当にモヤモヤした試合が多かったり、納得いかない試合が多かったです。世界選手権が東京で開催されるこのチャンスを、死に物狂いでつかむ気持ちとして、「覚悟」にしました。久しぶりに日本のファンの前で試合ができるので、その応援を体いっぱいに感じながら頑張りたいと思います。

奥原希望世界選手権の主な成績2017年:金メダル

No image

奥原 (ケガから復帰して)最近は久しぶりに楽しいと思えるようになってきたので、相手との駆け引きを楽しみながら、世界のトッププレーヤーに挑戦したいと思います。今回の世界選手権では、何か収穫があるように、充実した大会にしたいです。

山口茜世界選手権の主な成績2021年:金メダル

No image

山口 (女子シングルスの)2連覇に挑戦できるのは自分だけなので、そこに挑戦したいですし、プレーでもいろんなことをやってみて、新しい発見ができればと思います。(いつもと違うテーマに)最初は「楽しむ」と書いたのですが、奥原さんと被ってしまったので(笑)。

朴柱奉ヘッドコーチ

No image

昨年の東京五輪ではいい成績が残せなかったです。今回は、東京五輪のリベンジの気持ちで、チームジャパンがホームで、日本のファンの前で、いいパフォーマンスができるように頑張りたいと思います。[caption id="attachment_73829" align="alignnone" width="682"]記者会見でキャスターをつとめた小椋久美子さん(左端)、潮田玲子さん(左から2人目)、松岡修造さん(右端)と日本代表4名[/caption]取材・構成/バドミントン・マガジン編集部写真提供/テレビ朝日

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加