CubeCart に複数の脆弱性

  • ScanNetSecurity
  • 更新日:2023/11/24

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は11月17日、CubeCart における複数の脆弱性について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。三井物産セキュアディレクション株式会社の佐藤元氏が報告を行っている。影響を受けるシステムは以下の通り。

フィッシング報告件数過去最高、Gmail も DMARC対応本腰

CubeCart 6.5.3 より前のバージョン

CubeCart Limited が提供する CubeCart には、下記の影響を受ける可能性がある複数の脆弱性が存在します。

・クロスサイトリクエストフォージェリ(CVE-2023-38130)
→遠隔の第三者によって、システム内のデータを削除される

・ディレクトリトラバーサル(CVE-2023-42428)
→管理権限を持つユーザによって、システム内のディレクトリやファイルを削除される

・ディレクトリトラバーサル(CVE-2023-47283)
→管理権限を持つユーザによって、システム内のファイルを取得される

・OSコマンドインジェクション(CVE-2023-47675)
→管理権限を持つユーザによって、任意のOSコマンドが実行される

JVNでは、CVE-2023-38130、CVE-2023-42428、CVE-2023-47283については、開発者が提供する情報をもとに、最新版へアップデートするよう呼びかけている。本脆弱性は CubeCart 6.5.3 で修正されている。

CVE-2023-47675については、修正が提供されておらず、開発者は危険な PHP 関数を無効にすることを推奨している。

Proself や FortiOS 製品ほか ~ 外部からアクセス可能な IT 資産狙う複数の標的型サイバー攻撃 注意喚起

URL に特殊な IP アドレス表記を用いたフィッシングに注意呼びかけ

マイクロソフトが11月のセキュリティ情報公開、悪用の事実を確認済みの脆弱性が3件

ScanNetSecurity

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加