熊本市の飲食店新たな取り組み ワクチン接種完了バッジ(熊本)

熊本市の飲食店新たな取り組み ワクチン接種完了バッジ(熊本)

  • TKUテレビ熊本
  • 更新日:2021/10/14
No image

テレビ熊本

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

熊本県が熊本市内の飲食店に出していた時短要請が解除されることになり、これで県内全ての店が15日から通常営業できるようになります。

熊本市の飲食店では、客に安心して利用してもらおうと業界を挙げた新たな取り組みが始まっています。

【庄野リポートON】

「熊本市の繁華街にあるこちらの店舗、実は去年、クラスターが発生しました」

熊本市中央区のクラブ『JJ』。

去年10月、新型コロナのクラスターが発生。

スタッフや客ら11人の感染が確認されました。

その後、検温器や空気清浄器などを導入。

ことし7月、認証店となり、10月から通常営業を再開しています。

そして対策とは別に新たな取り組みもスタートしました。

これらのバッジ。

ワクチン接種の完了が一目で分かるようにと県社交飲食業生活衛生同業組合が作ったものです。

チェックマークは「ワクチン接種が完了」。

マスクマークは「ワクチンは未接種だが感染対策は徹底」を意味するものです。

今後、1万個製作予定で、県内の組合に加入している700店舗に順次無償で配布されます。

【クラブ『JJ』岡村 英司 代表ON】

「安心して来ていただければ、それが一番かな」

【県社交飲食業生活衛生同業組合

中島 ヒロ子 理事長ON】

「なんとか組合員のためにと発案した」「見える化ということでバッジがいいかなと」「みなさん安心して来ていただけるような態勢を整えております」

今後はこのバッジを全国にも広げていきたいとしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加