タイ戦で人種差別的しぐさ セルビアのバレー選手に出場停止処分

タイ戦で人種差別的しぐさ セルビアのバレー選手に出場停止処分

  • AFPBB News
  • 更新日:2021/06/10
No image

ネットの前に手を出すバレーボール選手(2020年1月6日撮影、資料写真)。

【AFP=時事】国際バレーボール連盟は、 伊リミニで開催されているネーションズリーグの試合中に人種差別的ジェスチャーをしたとして、女子セルビア代表のサニャ・ジュルジェビッチに2試合の出場停止処分を科したと発表した。

ジュルジェビッチが問題のジェスチャーをしたのは1日に行われたタイ戦で、試合はセルビアが3-0で勝利したが、同選手はアジア人に対して差別的とされる目尻を指で引っ張るしぐさをしているのがカメラに捉えられていた。

この件では、セルビアバレーボール連盟にも2万スイス・フラン(約240万円)の罰金が科された。

OSSRBは9日、フェイスブックでFIVBの決定を受け入れると明かし、「傷つけてしまった全ての方に改めて心から謝罪するとともに、理解し、友好的な態度を示してくれたタイバレーボール連盟に深く感謝する」と記した。

その一方で、今回のジェスチャーに「挑発したり侮辱したりする意図はなかった」と強調し、「たとえわれわれがこのジェスチャーを文化として、むしろ愛情のこもったものだと捉えているとしても、アジアの人々にはネガティブな意味で解釈され得るというFIVBの見解を理解する」と述べた。

東京五輪の出場を決めているセルビアは今月中に日本に向かい、本大会ではプールAで日本、韓国、ブラジル、ドミニカ共和国、ケニアと対戦する。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加