【五輪女子サッカー】カナダ代表GKラビ、涙のPKストップ!絶体絶命のピンチを渾身のセーブで防ぐ

【五輪女子サッカー】カナダ代表GKラビ、涙のPKストップ!絶体絶命のピンチを渾身のセーブで防ぐ

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/07/21
No image

渾身のセーブでピンチを防いだカナダGKラビ。(C)Getty Images

絶体絶命のピンチを切り抜けた。

東京五輪女子サッカー、7月21日にグループステージで日本とカナダが対戦。前半にカナダがクリスティン・シンクレアのゴールで先制。迎えた後半、カナダはPKのピンチを迎える。日本のクロスに反応したGKラビが、エリア内で田中美南を倒してしまう。

田中と交錯したラビは、しばらく起き上がれず。ようやく立ち上がっても、痛みからか目に涙を浮かべている。
それでもPKの場面ではゴールマウスに立ち、渾身のセービングで田中のPKをストップ。守護神を中心に歓喜の輪が広がる。

その後、ラビは大事をとってか途中交代。試合はカナダの1点リードで推移している。

構成●サッカーダイジェストweb編集部

【なでしこジャパンPHOTO】東京オリンピックに挑む、選ばれし22選手を紹介!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加