インプレス総合研究所、オンラインセミナー「ドローンビジネス最前線」を開催

インプレス総合研究所、オンラインセミナー「ドローンビジネス最前線」を開催

  • ドローンジャーナル
  • 更新日:2022/11/25
No image

インプレス総合研究所は、2022年12月13日(火)に、オンラインセミナー「ドローンビジネス最前線 2022年12月、新しい航空法施行へ 最新ドローン行政と先進企業のドローンビジネス動向」を開催する。

各分野のトップリーダーが登壇&最新調査取材をもとにした市場展望を解説

セミナーでは、これからの日本のドローン市場の発展に欠かせない航空法の最新情報について解説。ドローン事業を進めている先進企業が登壇し、自社の取り組みを解説しながら、ドローンを活用したビジネスの最新動向や課題、今後の展望などを明らかにする。

またインプレス総合研究所およびドローンジャーナルによる、国内企業、関係省庁40社以上への調査取材をもとにしたドローン市場の展望に関する情報を伝える。

最新のドローン市場の動向と今後の展望を示し、ドローンを活用したい企業やドローンを活用したサービスを提供したい企業が、どのように戦略を立ててビジネスをしていけばいいのか、事業を大きくしていくためのアイデアやヒントを提供する。

No image

<早期申込特典>
2022年11月30日(水)までの申し込みで「ドローンビジネス調査報告書2022」(2022年3月発売)(11万円相当)のダイジェスト版(PDF)100ページを、セミナー開催後に進呈する。

開催概要

イベント名
ドローンビジネス最前線
2022年12月、新しい航空法施行へ
最新ドローン行政と先進企業のドローンビジネス動向

日時
2022年12月13日(火)14:00 配信開始

会場
オンラインセミナー

動画閲覧サイトURL
セミナー動画のURLは参加者へ別途通知

セミナーについて
12月13日(火)にセミナー動画をドローンジャーナル内の特設ページで配信する。12月13日から12月28日まで、セミナー参加者は期間内に何度でも閲覧が可能(ライブ配信ではない)。セミナー参加者には動画閲覧サイトの案内とID、パスワードを通知する。

主催
株式会社インプレス インプレス総合研究所

参加対象 (特にすすめる対象者)
・自社ビジネスにドローンの活用を考えている方
・操縦ライセンスなど新しい航空法の改正について詳細を知りたい方
・自社の既存ビジネスとドローンを結びつけるアイデアが欲しい方
・ドローンを利用した(想定した)新規事業を考えている方
・IoTに関連する新規事業開発や経営に携わっている方
・大手メーカーやITベンチャーの経営企画部に在籍する新規事業立案者

受講料
3万3000円(税別3万円)

定員
100名

問い合わせ先
ドローンセミナー事務局(drone_event@impress.co.jp)

▼「ドローンビジネス最前線」申し込みページ
https://academy.impress.co.jp/event/drone_20221213/

講演詳細

※プログラムは予告なく変更となる場合がある。

14:00 配信開始

講演1(30分) ドローンの利活用拡大を目指して(仮)

内閣官房 小型無人機等対策推進室
内閣参事官 ドローンビジネス推進担当部長
小熊 弘明 氏

<セッション概要>
・ 施行目前の航空法の最新動向
・ 操縦ライセンス、運行管理、リモートIDの義務化等などについて

<登壇者プロフィール>
昭和49年4月、東京都出身。東京大学法学部卒業。平成9年運輸省入省、18年航空局飛行場部成田国際空港課課長補佐、21年外務省在スペイン日本国大使館一等書記官、24年自動車局旅客課バス事業活性化調整官、26年自動車局総務課企画官、27年海上保安庁総務部政務課企画官、28年大臣官房会計課企画官、30年総合政策局公共交通政策部参事官、令和元年観光庁参事官、2年航空局安全部安全企画課長を経て、3年7月より現職。

講演2(30分) ドローン物流事業の事例紹介と社会実装に向けた課題

ANAホールディングス株式会社
デジタル・デザイン・ラボ
ドローンプロジェクトディレクター
信田 光寿 氏

<セッション概要>
・ ANAが進めるドローンプロジェクトの最新動向
・ 物流ドローンで「地域の社会インフラ」構築

<登壇者プロフィール>
2010年ANA入社、整備工場での航空機整備に従事。2015年にB777型機の一等航空整備士を取得。2016年機体技術部に配属されA380新規導入時のMEL(運用許容基準)の新規設定などをリード。同じころANAバーチャルハリウッド(新規事業提案制度)にてドローン事業を提案、プロジェクト化され兼務メンバーとしてドローン事業検討に従事。2019年ドローン事業の主幹部署であるANAHDデジタルデザインラボに出向・配属され国内外案件を推進。各種ドローン関連コンソーシアムや政府の会議に参画。2021年より現在もプロジェクトディレクターとして約15名のチームを率いている。

講演3(30分) スマートドローンが叶える未来(仮)

KDDIスマートドローン株式会社
代表取締役社長
博野 雅文 氏

<セッション概要>
・ KDDIスマートドローンが行っている最新プロジェクトについて
・ モバイル通信の可能性
・ Skydioとの取り組みについて

<登壇者プロフィール>
2004年 KDDIに入社以降、WiMAX基地局の開発業務を経て、長くセルラーネットワーク構築に関わる企画・開発業務に従事。2014年より、商品端末におけるプロトコル開発業務に従事後、2016年10月より、無線通信技術に関する専門的な知識を活かしドローンの事業化を推進。2022年4月にKDDIスマートドローン株式会社代表取締役社長に就任、現在に至る。

講演4(30分) 2022年度、日本国内におけるドローンビジネスの現状と今後の展望

ドローン・ジャパン株式会社
取締役会長
春原 久徳 氏

<セッション概要>
・ ドローンビジネスの概況と市場成長について
・ 最新レポートには掲載できないリアルな情報を提供
・ ビジネス分野ごとの技術的及び社会的な課題を整理
・ 国内のドローンビジネスの今後を展望

<登壇者プロフィール>
現在、ドローン関連コンサルティング、ドローンソフトウェアエンジニア育成事業、ドローンによる農業サービス開発を行っている。三井物産のIT系子会社で12年、米や台湾企業とITコンポーネンツの代理店権の獲得および日本での展開を担当。その後、日本マイクロソフトで12年、PCやサーバーの市場拡大に向けて、日本および外資メーカーと共同で戦略的連携を担当。2015年12月ドローン・ジャパン株式会社設立。『ドローンビジネス調査報告書2022』『ドローンビジネス調査報告書2018【海外動向編】』(株式会社インプレス)を調査執筆、Drone.jpでコラム[春原久徳のドローントレンドウォッチング]連載中。他にも各産業業界誌で多数執筆。農林水産省、NEDOや各業界団体でのドローン関連の講師を年間60~80回程度行っている。

▼「ドローンビジネス最前線」申し込みページ
https://academy.impress.co.jp/event/drone_20221213/

ドローンジャーナル編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加