ロッテ・佐々木朗希、コミッショナー特別表彰とパ・リーグ特別賞を受賞「来シーズンはタイトルを取って、このステージに上がりたい」

ロッテ・佐々木朗希、コミッショナー特別表彰とパ・リーグ特別賞を受賞「来シーズンはタイトルを取って、このステージに上がりたい」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/11/25
No image

パ・リーグ特別賞を受賞したロッテ・佐々木朗希=都内ホテル(代表撮影)

ロッテ・佐々木朗希投手(21)が25日、コミッショナー特別表彰とパ・リーグ特別賞を受賞。新たな誓いを立てた。

「すごくうれしいですけど、来シーズンはタイトルを取って、このステージに上がりたいなと思いました」

4月10日のオリックス戦(ZOZOマリン)で、史上最年少で完全試合を達成し、世界記録となった13者連続奪三振を評価されての受賞。ただ表彰式の壇上にタイトルホルダーがズラリと並んでおり、初のタイトル奪取を目標の1つとした。

今季は20試合の登板で9勝4敗、防御率2・02。右手中指のマメが潰れて登板間隔が空いたことなどが影響し、投球回数は129回⅓。規定に届かず「それで取れなかった賞もあった」と悔やんだ。来季に向けて「先発として規定投球回を投げて、その中で取れる賞は全部、取る気持ちでいきたい」と力を込めた。

「改善、練習してもっと仕事ができるようにする」。来年3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)出場を目指す右腕が、名誉を手にし、侍ジャパン選出に弾みをつけた。(広岡浩二)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加