【桜花賞】ソングライン、初の右回りOK 林師「予定通り順調に来ている」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/04/08

ソングラインは未勝利、紅梅Sを楽勝し、大物感漂う逸材。林師は「予定通り順調に来ている。前走で乗ってくれたルメールも“現状では課題はない”と言ってくれた。レース内容も一戦ごとに良くなっているし、初の右回りも調教では問題ない」と前向きな言葉を並べる。毎回テン乗りだが、今回はテン乗りで17年桜花賞(レーヌミノル)を制した池添と初コンビを組む。「実績のある騎手に乗ってもらえるのはありがたい」と期待を寄せた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加