五泉が初戦突破 エース猪俣逆転された場面で登板2安打0封で後続断ち切る

五泉が初戦突破 エース猪俣逆転された場面で登板2安打0封で後続断ち切る

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/04
No image

5回1/3を0封に押さえた五泉・猪俣(撮影 飯嶋聡美)

<春季高校野球新潟県大会:五泉6-2巻>◇4日◇2回戦◇五十公野公園野球場

五泉が巻に6-2で勝ち初戦突破した。エース猪俣悠真(3年)が逆転された重苦しい場面で登板。5回1/3を2安打無失点の好投で後続を断ち切った。

1-0で迎えた4回、2点返され、窮地に追い込まれた場面で猪俣がマウンドに登った。2死一塁でエースは冷静に打者1人を右飛でピンチを切り抜けた。「走者を背負った場面でも落ち着いて投げられるように準備をしていた」と苦境を乗り越え胸をなで下ろした。

中学から一塁手がメインで、投手の経験は少なかった。昨秋の公式戦で初登板し少し投げるも「制球が乱れチームに迷惑をかけた」と振り返る。冬はコントロールや体重移動を意識しながら1日100球を投げ込み。一冬越えて制球も安定し打たせて取る投球術を身に着け自信もついた。昨秋3番だった背番号も今年は“1番”を背負って立つ。「緊張はしているが任された背番号なので、恥じない投球をしたい」と覚悟を見せた。【飯嶋聡美】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加