有村藍里「自分が嫌になる時はたくさんある」ネガティブになった時の立ち直り方

有村藍里「自分が嫌になる時はたくさんある」ネガティブになった時の立ち直り方

  • withonline
  • 更新日:2022/08/05

こんにちは、有村藍里です。今回は、連載で定期的に企画している質問コーナーを久しぶりにさせてもらおうかなと思います。的外れな答えもあるかもしれませんが、私なりの考えですので、一概にそうだと言えることではありません。よかったら最後まで読んでみてください。

容姿のことを気にしている友達に声をかけるなら……

No image

Q.十分素敵なのに、必要以上に容姿のことばかり気にしてしまっている子がいます。藍里さんは整形をする前は自分に対してどんな言葉をかけられるのが嬉しかったり、心が和んだりしましたか?

私とその方の思っていることは違うかもしれませんが、当時の私の話をします。整形前の私はポジティブな声が一切聞こえなくなっていました。素敵な言葉をいただくことも、もちろんありました。それはとても嬉しいしありがたいです。ですが、こんな駄目な私なのに……と思っていました。「あなたが思ってるほど周りはそんなにあなたのことを気にしていない」「自意識過剰だ」と言われることもありました。それは、ごもっともなんです。その頃には、私は自分のことを周りがどう思っていようが、自分の全てが許せなくて、容姿だけでなく、内面もなにもかもが嫌になってしまっていました。自分のことをどうしても愛せなくて悩んでいたので、「そんなことないよ! 可愛いよ!」と言われたいわけでもなく、周りの人の声がどうとかっていうことでもなく、なぜかすごく孤独の中に1人でいるような気持ちになっていました。本当に独りよがりだったと思います。“自分を好きになりたい”ただそれだけの思いで、もがいていました。容姿のことばかりを気にして苦しい気持ちになっている人の根本には、自分を愛することが出来ない自分が嫌だ、という孤独な気持ちもあるんじゃないかな? と思います。私が自分のことが嫌でたまらなく悩んでいた頃、「どんな藍里も私は好きだよ」と友人がポロッと言ってくれました。自分に嫌われている私が少し救われたような気持ちになりました。友人に言ってもらった一言はとても嬉しかったです。

自分が嫌になったらどうする?

No image

Q.自分が嫌になる時ってありますか? あったらどうしていますか?

自分が嫌になる時、たくさんあります!(笑)些細なことから大きなことまで……。まず自分が嫌になる時って、自分に余裕がない時のことが多いです。そんな時に私は、余裕がない原因を見つけて、メモにしてみます。私の場合は、自分が嫌になる時は大抵部屋も荒れています。部屋が荒れていると余計に気分も落ち込んでくるし、だけど何もしたくない時だってある……そんな時は思い切って何もしないようにしています。そして、少し落ち着いた頃に小さなことからでも出来ることから始めてみて、部屋を片付ける余裕が生まれたら片付けて、自分の身なりが整っていなければ美容院などのサロンに行って整える。これだけでもだいぶ気分が変わります。根本の自分が嫌になる理由にもよると思うのですが、身の回りや自分自身を整えることによってポジティブな気持ちになることもあると思います。

今の仕事が向いているか分からなくなったら…

No image

Q.今の仕事が向いてないかも……と思った時はどうしたらいいですか?

お仕事のことは慎重になってしまうと思いますが……。もし、自分では向いていないかもしれないと思っているけれど、それでも頑張りたい気持ちがあって、続けさせてもらえる環境があるのなら、とことん続けてみてもいいと思います。辞めることにも、続けることにも勇気は必要だと思います。私は正直、今のお仕事は自分には向いていないと思っています。秀でた才能も持っていないですし、空回りしているなあ……向いてないなあ……と思いながら、それでも16歳から現在まで約16年間も続けさせてもらっています。きっと他の生き方もあるだろうし、私はそれをまだ知りません。他の生き方にいつ目を向けるのかも自分次第だし、遅いとか早いとかはないと思います。いつだって何かを始めていいし、終わらせるのも自分次第。答えになっていないかもしれませんが、向いてないなら向いてないなりにも、続けていくことで、向いていると思える何かを見つけられる日が来るのかもしれないし、来ないかもしれないと思いながら生きています!未来のことは誰にも予測できないから。今回は3つの質問に答えさせてもらいました。たくさんのメッセージありがとうございました。そして最後まで読んでくださってありがとうございました。次週は後編です。また来週の金曜日更新です。おたのしみに。有村藍里

▼あわせて読みたい▼

【ネガティブ思考は自分次第?】有村藍里「『自分は運が悪い』と思っていた私が、知人のポジティブな考え方に度肝を抜かれた話」

「人生、“ちょっと立ち止まる”時だって必要」整形後ずっと“走り続けていた”私が気づいたこと

「自分の意志で整形をして、なぜ陰口を言われるんだろう」整形に対して周りから陰口を言われてつらい思いをしている人へ伝えたいこと

▼連載一覧はこちら▼

有村藍里「自分をもっと好きになるための“一歩”」

【Profile】 有村藍里(ありむら・あいり)

No image

1990年8月18日生まれ/O型/兵庫県出身
趣味:カメラ
中学時代に引きこもりで人見知りでネガティブな性格であり、そんな自分を変えたくて、16歳の時に芸能界入り。引きこもりやネガティブな性格から脱却するための努力や逆境を乗り越える姿が、同じような境遇の悩みを抱える女性から多くの支持を得ている。2019年3月、美容整形を受けたことを公表し、その正直に打ち明ける姿と有村が持つ雰囲気により多くのファンから共感を得た。

【公式Twitter】

【公式Instagram】

\藍里さんがクリエイティブディレクターを務めるブランド「rose bleue」が誕生!/

【rose bleue公式サイト】

【rose bleue公式Twitter】

【rose bleue公式Instagram】

withonline

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加