ぱんちゃん璃奈、「涙枯れるまで泣いた」コロナ感染症拡大防止のため後楽園大会を欠場

ぱんちゃん璃奈、「涙枯れるまで泣いた」コロナ感染症拡大防止のため後楽園大会を欠場

  • スポーツ報知
  • 更新日:2022/01/14
No image

22日に後楽園ホールで行われる「KNOCK OUT 2022 vol.1」で初代KNOCK OUT-BLACK女子ミニマム級(-47.5kg)王座決定戦を行う予定だった、ぱんちゃん璃奈(STRUGGLE)の欠場が、14日発表された。

KNOCK OUTは公式ホームページで「来る1月22日(土)後楽園ホールにおいて開催する『KNOCK OUT 2022 vol.1』に出場予定のぱんちゃん璃奈選手(STRUGGLE)と松﨑公則選手(STRUGGLE)は、感染症拡大防止のために一定の待機期間を設ける必要のある選手(本人または同居人が陽性者、濃厚接触者、濃厚接触者の疑いがある者、発熱等の体調不良である者等)に該当することが判明したため、今大会への出場を見合わせることとなりました」と欠場を発表した。

また「この欠場を受け、KNOCK OUT実行委員会では双方のジムと協議、調整しました結果、この2試合を次回3月12日(土)後楽園ホール大会に延期して実施することを決定しました」と延期することも発表された。

ぱんちゃんは、発表を受け自身のインスタグラムを更新「とりあえず私は、涙枯れるまで泣いたのでもう元気です!もう涙出ない!もう大丈夫です!」とつづっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加