気になる自分の体臭をセルフチェックする方法

気になる自分の体臭をセルフチェックする方法

  • ラジオライフ.com
  • 更新日:2022/08/06

暑くなってくると気になるのが臭いです。とくに、汗の臭いや体臭は自分で気づかないことも少なくありません。周囲に迷惑をかける前に、正しい対策をしておくべきでしょう。とはいえ、まずは自分の体臭を知らなければ対策のしようがありません。そこで、気になる自分の体臭をセルフチェックする方法を紹介しましょう。

【関連記事】チョコボール銀のエンゼルの確率と見分け方とは

No image

体臭のセルフチェックは1日着た洋服

自分の体臭は、意外と自分では気づかないもの。そこで試したいのが、1日着た洋服を密閉できる袋に5分間入れて、臭いを嗅いでみるという体臭のセルフチェック方法です。臭いを嗅ぐ前に入浴しておくと、より客観的にチェックできます。

ただし、普段から香りの強い洗剤や柔軟剤を使っていると臭いが混ざって正しく判別できないので、体臭をセルフチェックする場合は無香料の洗剤を使用してください。

体臭をセルフチェックする方法を詳しく見ていきましょう。まず1日着用した服をビニール袋などに入れて密閉。そして、5分ほど経ってから袋の中の臭いをチェックするのです。

体臭のセルフチェックにラップ3分間

ここで臭気を感じたら要注意ということ。自分では体臭は臭くないと思っていても、嗅いてみたら結構ヤバかった…なんてこともあるかもしれません。

体臭の一部ともいえる脇の臭いをセルフチェックする方法も紹介しましょう。脇の臭いのセルフチェック方法は、ラップを脇の下に3分間密着させたあと、ラップの臭いで確認するというものです。

同じく体臭の一部ともいえる頭の臭いをセルフチェックする方法もあります。これは、ふだん使っている枕の臭いを嗅ぎます。30代以降で皮脂の臭いがする場合は、ミドル脂臭のサイン。毎日のシャンプーを念入りにして、頭皮を清潔に保つようにしましょう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加