西野七瀬[イベントレポート]役どころを語る!「完全にやさぐれた役で、みんなにびっくりしたと言われます」映画『孤狼の血 LEVEL2』完成披露プレミアにて

西野七瀬[イベントレポート]役どころを語る!「完全にやさぐれた役で、みんなにびっくりしたと言われます」映画『孤狼の血 LEVEL2』完成披露プレミアにて

  • Pop'n'Roll(ポップンロール)
  • 更新日:2021/07/20
No image

©2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

西野七瀬が、本日7月20日(火)に開催された映画『孤狼の血 LEVEL2』完成披露プレミア<孤狼祭-コロフェス->に出演した。同イベントは、大の『孤狼の血』ファンであるケンドーコバヤシがMCを務め、西野をはじめ、松坂桃李、鈴木亮平、村上虹郎などのキャストが登場。全国296の映画館に生配信され、Twitterのトレンドランキングに「#コロフェスなう」や「#松坂桃李」が上がるなど、大きな話題となった。本記事では、そのオフィシャルレポートをお届けする。

まず主人公・日岡を演じた松坂桃李は、前作との比較映像を確認しながら、今作にてエリート刑事から一匹狼の刑事と言われるようになったギャップとともに、“作品の中では前作から3年の月日が経った設定なのですが、現実世界も3年の月日が経っていたんです。前作の最後に役所(広司)さんにいただいたジッポライターをお守りのように持ち続け、続編に全部ぶつけようと心にずっと秘めていました”と役どころを熱く語った。

宿敵・上林を演じた鈴木は今回の役について“日岡を追い詰めていく、完全に攻めの演技でした。ある意味悪役の醍醐味ですね。ここまで攻めだけの役も今までなかった”と話すと、ケンドーコバヤシは“役が抜けていなかったら共演NGです!(笑)”と述べて、笑いを誘った。

次にチンタという役について村上は、“若さゆえに引かない役、回りのエネルギーが超人的すぎたので普通の人に見えるかもしれないが、日岡、上林どちらにも関われる役で貴重な体験ができました”とコメント。

またチンタの姉・真緒役を演じた西野は“完全にやさぐれた役ですね。みんなにびっくりしたと言われます。地毛をブリーチしたのも初めてで。でも、私は新鮮に演じられました!”と、本作にかけた意気込みを力強く口にした。

斎藤工は“違う現場で、松坂さんがジッポライターを持ち続けているのを見て、続編に対する気持ちがヒシヒシ伝わってきた。上林さんはアベンジャーズのサノスレベルのヴィラン感があって半端がない”、早乙女太一も“この怖い世界に自分は踏み込んでいいのか迷ったが、参加させていただけて光栄です”と、“孤狼の血”ブランドについて熱く語った。

“役所さんの代わりの役だと思ったと聞きましたが?”と振られた吉田は“その話は忘れてください、本当に(笑)。でも役所さんが死んだから、次は俺か!と思ったというのは本当”と話して、会場を笑いの渦に巻きこんだ。続けて、滝藤賢一が“前作でコテンパンにやられたので、やり返したろうと思っていたが、初恋の人にあったみたいな感じになったんです。本当に”と話すと、“またまた~!”と一同がツッコんだ。

最後に中村獅童は、“クランクイン初日、鈴木さんと同じシーンだったんですけど、怖くて足がすくんでました”とボケて、作品を支える大物俳優の冗談に一気に和やかな雰囲気となった。

続いて、ファンからの質問に答えるコーナーに。大変だったシーンについて、松坂が“亮平さんとの撮ったあるシーンが3日かかった。体力的にも精神的にもお互いきつかったし、血と汗といろんなものが出ながら走り抜けた感じです”と振り返ると、鈴木は“やり終わったあとは戦友感があったし、認め合った感があった。やりあった我々にしかわからない日岡と上林があったんじゃないかなと思います”と熱く語った。

ここから特別コーナー「日岡vs上林 たいぎいんじゃ選手権」へ。誰が語る“たいぎいんじゃ”がケンドーコバヤシの心を動かすのかという内容で、日岡チーム(警察・関係者)と上林チーム(裏社会の面々)に分かれて実施。

日岡チームのトップバッターは中村獅童。“なんや、じゃあくさぁぃ!!!”と大きな声を上げるも、マイクを通さず“会場に聞こえてないかも……”と落ち込み、笑いを誘った。

上林チームのトップバッターの斎藤さんは、まさかの“パリントンだよ♡”と言い、ケンドーコバヤシから強めのツッコみを受ける。“どないしたんや”と慌てるケンドーコバヤシに、斎藤は“大喜利かなと思って!”とおどけた。

次に松坂に指名された村上は“あ~あ、ダル”と今風の言葉を語り、上林チームの早乙女は“なにゆーとか、くらっさくさ~!!!”とド迫力の福岡弁でどよめきを起こした。

続く、日岡チームの滝藤は“でらえれぇつっとんだろうが、たわけ~!”と大迫力のセリフを放つと、拍手喝采が発生。

鈴木が“じゃ~がしんじゃぼけ~!!”と兵庫弁を披露すると、“上林が垣間見えた”と会場はどよめき、それに応えるように松坂が“たいぎんじゃ、ぼけ~!!”と、劇中の上林のセリフを完全再現。“あのテンションで1度言ってみたかった”と満面の笑みを見せた。

ここで吉田が登場。“ぱぱ~! ばりうっとい!!!”と発すると、“家内に言われるんです”と打ち明けて、笑いを起こした。

大トリは西野。“むっちゃ、めんどいわ~”と言うと、“言われたくないわ~~~”と一同が反応。和やかな雰囲気の中、『孤狼』らしい珍企画は終了した。

原作者の柚月裕子と白石和彌監督が登場。作品の感想を聞かれた柚月は、“前作は放心状態。今作は見終わった後に、こぶしを握って叫びたくなるような気持ちになった。身体を駆け巡っていく熱量が本当にすごかった”と話した。見どころについて聞かれると、白石監督は“熱量を画面に全部詰め込んでいる。ようやく公開ができたが、これだけの俳優の熱量、映画人の技術のスーパーエンタテインメントだと思っております”と想いを口にした。

最後に松坂は“見終わったあとに無条件にパワーがもらえる作品なので、たくさんの元気を受け取ってください! また、感想も呟いてもらえると嬉しいです”と話して、<孤狼の血-コロフェス->は幕を閉じた。

No image

©2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

『孤狼の血 LEVEL2』

2021年8月20日(金)全国公開

■ストーリー

舞台は前作から3年後。広島の裏社会を収めていた伝説の刑事・大上亡き後、その遺志を受け継いだ若き刑事・日岡秀一。権力を用い、暴力組織を取り仕切っていた日岡だったが、出所してきたたった1人の“悪魔”によって事態は急転していく……。原作シリーズでは描かれていない、完全オリジナルストーリーとして誕生!

原作:柚月裕子「孤狼の血」シリーズ(角川文庫/KADOKAWA)

企画協力:KADOKAWA

監督:白石和彌

企画・プロデュース:紀伊宗之

プロデューサー:天野和人 高橋大典

出演:松坂桃李 鈴木亮平 村上虹郎 西野七瀬 音尾琢真 早乙女太一 渋川清彦 毎熊克哉 筧美和子 青柳翔 斎藤工  中村梅雀 滝藤賢一 矢島健一 三宅弘城 宮崎美子 寺島進 宇梶剛士 かたせ梨乃 中村獅童 吉田鋼太郎

脚本:池上純哉

音楽:安川午朗

撮影:加藤航平

照明:川井稔

美術:今村力

録音:浦田和治

関連リンク

公式Twitter

公式Instagram

公式HP

©2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

Pop'n'Roll 編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加