DeNA三浦監督母校の高田商は惜敗 「番長イズム」で夏に雪辱だ

DeNA三浦監督母校の高田商は惜敗 「番長イズム」で夏に雪辱だ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/03
No image

高田商の安井直斗投手は9回10奪三振2失点と力投した

<春季高校野球奈良県大会:御所実業2-1高田商>◇3日◇3回戦◇佐藤薬品スタジアム

高田商は「番長イズム」で夏に挑む。

御所実に先発の安井直斗投手(3年)は3回に2点を失ったが、伸びのある速球やカーブを駆使して9回無四球2失点と好投。それでも接戦で敗れた。同校OBにはDeNA三浦監督がいる。右投手の安井も現役時の動画を参考。「制球もいい。緩急も使われています」。赤坂誠治監督(44)も「野球が終わった後のことを考えようと(生徒に)言っている。三浦さんの人柄や気遣いなど僕が会って感じたことを伝えています」と話す。人格形成などで手本にする。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加