【データ】DeNA1試合5本塁打で大勝 神宮では石井、村田2、金城、門倉以来18年ぶり

【データ】DeNA1試合5本塁打で大勝 神宮では石井、村田2、金城、門倉以来18年ぶり

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/09/24
No image

ヤクルト対DeNA 3回表DeNA1死、中越え本塁打を放ちポーズを決める佐野(撮影・横山健太)

<ヤクルト6-8DeNA>◇23日◇神宮

DeNAが、今季チーム最多の5本塁打で首位ヤクルトに大勝し、19年以来となるクライマックスシリーズ進出を決めた。

▼DeNAが5本塁打で勝利。DeNAの1試合5本塁打以上は21年5月25日オリックス戦(宮崎、大和、ソト2、佐野)以来。神宮球場では04年6月23日ヤクルト戦(石井、村田2、金城、門倉)以来、チーム18年ぶりとなった。広島が敗れたため、3位以上が確定。就任1年目の昨季は最下位だった三浦監督だが、2年目でクライマックスシリーズ(CS)進出を決めた。DeNAのCS出場は3年ぶり4度目。

▽DeNA三浦監督(今季最多の5本塁打での勝利に)「久しぶりですよね、これだけ出たのは。いい形で先制、中押しできたと思います。(CS進出決定は)自分たちは上を見て、明日から。結果として、1つ取れたのは非常に大きいと思います」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加