【指揮官一問一答】ヤクルト・高津監督、小川は「切れもない粘りもない」

【指揮官一問一答】ヤクルト・高津監督、小川は「切れもない粘りもない」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/05/02

(セ・リーグ、DeNA8-7ヤクルト、6勝2敗1分け、2日、横浜)ヤクルトは先発の小川が崩れ、三回途中7安打5失点。打線は二回に4本の適時打で4得点、六回もサンタナの3号ソロなどで3得点を挙げたが、7-7の八回に清水が桑原に決勝ソロを被弾した。2連敗を喫した高津臣吾監督(52)の主な一問一答は以下の通り

--小川が三回途中で降板

「切れもない、粘りもない。ちょっと残念ですね」

--打線は10安打7得点

「攻撃の方はいいつながりがあったり、いい得点の仕方があった。(六回の)3点差を追いついたところはすごくみんなでつなげていい形で追いつけましたし、これだけ点を取ったら勝たなきゃいけないですね」

--清水が八回に決勝ソロを被弾

「そんなにいつもと変わらないとは思いますけど、清水は一発で試合を決められてしまったというところはちょっと課題が残る。ずっと昨年からのあれ(課題)なんですけども」

No image

選手交代を告げベンチに引きあげるヤクルト・高津臣吾監督=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加