自民党・高野光二郎参議院議員の27歳公設秘書が“酒気帯び運転”の疑いで摘発...高野議員「信じられない」

自民党・高野光二郎参議院議員の27歳公設秘書が“酒気帯び運転”の疑いで摘発...高野議員「信じられない」

  • KUTVニュース
  • 更新日:2023/01/25

徳島・高知選挙区選出で自民党の高野光二郎(たかの・こうじろう)参議院議員の公設秘書が、酒気帯び運転の疑いで摘発されていたことが分かりました。

【写真を見る】自民党・高野光二郎参議院議員の27歳公設秘書が“酒気帯び運転”の疑いで摘発…高野議員「信じられない」

摘発されたのは、高野光二郎参議院議員の男性公設秘書(27)です。県警によりますと、23日午後11時55分ごろ、高知市本町5丁目の電車通りで、パトロール中のパトカーが、西向きの車線をふらつきながら走行していた乗用車を発見しました。警察官が近くの市道で車を停止させ、運転していた男性秘書に近づいたところ、男性秘書から酒の匂いがしたということです。警察官がその場でアルコール検査を行ったところ、男性秘書の呼気から基準値を超えるアルコールが検出されたため、酒気帯び運転の疑いで摘発したということです。

県警によりますと、男性秘書は「高知市内の飲食店で同僚とビールを飲み、宿泊先に帰る途中だった」と話していて、公設秘書が運転していた乗用車には別の秘書も同乗していたということです。県警は「捜査に関わる」として、飲んだ酒の量や、検知されたアルコールの量、同乗していた別の秘書が一緒に飲酒していたかどうかについては、明らかにしていません。

国会議員の公設秘書は、特別職の国家公務員です。公設秘書が酒気帯び運転で摘発されたことを受け、高野光二郎参議院議員は、午後から高知市で記者会見を行い、経緯や受け止めを説明しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加