巨人・原監督 明日は「猛練習」歴史的惨敗に「流れが来ない」

巨人・原監督 明日は「猛練習」歴史的惨敗に「流れが来ない」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/11/23
No image

9回、ウィーラーの一塁上のクロスプレーでリクエストを要求したが判定通りアウトで試合終了。手を上げる原監督(撮影・坂部計介)

「日本シリーズ・第2戦、巨人2-13ソフトバンク」(22日、京セラドーム大阪)

巨人が日本シリーズ史上、球団ワーストの13失点を喫した。歴史的惨敗で2連敗。日本シリーズは13年第7戦から、屈辱の7連敗となった。

先発に送り込んだ今村ら計7投手で、3被弾を含む15安打13失点。原監督は初回に3点を失ったことで主導権を奪われ、「やはり流れがね。こっちに来ないというかね。最初に渡してしまうというね」と振り返った。

打線もパワーカーブを武器に持つ石川ら、6投手に5安打2得点。得点はウィーラーの2ランのみだった。

第3戦に向けて移動日となる明日について「明日一日ありますから。猛練習してあさってに備えますよ」とし、手短に会見を締めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加