大谷亮平主演『異世界居酒屋「のぶ」』S3に平岡祐太やチョコプラ出演 予告映像も公開

大谷亮平主演『異世界居酒屋「のぶ」』S3に平岡祐太やチョコプラ出演 予告映像も公開

  • Real Sound
  • 更新日:2022/11/25
No image

(上段左から) じろう(シソンヌ)、平岡祐太、平埜生成(下段左から)海宝直人、 田中直樹(ココリコ)、チョコレートプラネット(長田庄平、松尾駿)

2023年1月13日よりWOWOWにて放送・配信される、大谷亮平が主演を務める『WOWOWオリジナルドラマ 異世界居酒屋「のぶ」Season3~皇帝とオイリアの王女編~』に出演するキャスト21名が発表された。

シリーズ累計発行部数500万部を突破した蝉川夏哉による同名人気小説シリーズを実写ドラマ化し、2020年5月に放送された『異世界居酒屋「のぶ」』は、異世界につながってしまった居酒屋を舞台に、庶民的な居酒屋料理やお酒を通じて温かな人間ドラマが繰り広げられるグルメファンタジー。これまで同様に居酒屋「のぶ」を切り盛りする食にいちずな職人かたぎの料理人・大将こと矢澤信之役で大谷が主演を務め、その「のぶ」で常連客に愛される看板娘・千家しのぶ役を武田玲奈が演じ、監督&脚本も品川ヒロシが続投している。

Season3からは7名の新キャストが登場する。先帝コンラート四世(大和田伸也)の孫・帝国皇帝コンラート五世を演じるのは平岡祐太。敵国オイリアの王女摂政宮・セレスティーヌ(平祐奈)と見合いをすることになるが、町で一人の女性と出会い、恋に落ちてしまう。その皇帝に常に寄り添い、公私に渡って皇帝を支える中務卿・ゼバスティアン役に田中直樹(ココリコ)、「のぶ」の常連ゲーアノート(波岡一喜)の弟で、訳あって何年も顔を合わせていなかった旅役者のアウグスト役に海宝直人、王女摂政宮・セレスティーヌに仕える宮中伯のラ・カタン役にじろう(シソンヌ)、串カツを口にしたジャン(忍成修吾)の見る幻に神様(秋山竜次)とともに現れる“串カツの妖精”役にチョコレートプラネットの長田庄平と松尾駿、そしてガラス職人・ローレンツ(庄司智春)の息子・フーゴ役に平埜生成が決定した。

また、これまでのシリーズからの続投キャストも発表に。何かと物知りな事情通で、古都の衛兵・ニコラウス役の白洲迅、ベルトホルトの妻で、妊娠中のヘルミーナ役の堀田茜、縁あって「のぶ」の店員として働いているエーファ役の新谷ゆづみ、古都の衛兵の中隊長・ベルトホルト役の阿部進之介、「のぶ」のナポリタンをこよなく愛する徴税請負人・ゲーアノート役の波岡一喜、腕利きのガラス職人で、ギルド名誉マイスターとして市参事会にも席を持つローレンツ役の庄司智春(品川庄司)、オイリア出身の女傭兵で「のぶ」の店員として働き始めるリオンティーヌ役の早霧せいな、大将が以前勤務していた料亭ゆきつなの板長塔原役の木村祐一、アイテーリアの気のいい肉屋で「のぶ」の常連・フランク役の小杉竜一(ブラックマヨネーズ)、オイリアの密偵組織で一目置かれる奇譚拾遺使・ジャン役の忍成修吾、「のぶ」の料理に感動した客たちが見る幻の神様役の秋山竜次(ロバート)、アイゼンシュミット商会の商人・イグナーツ役の草地稜之(円神)と、弟のカミル役・瀧澤翼(円神)、食の吟遊詩人として絶大な影響力を持ち、各地の美食を知り尽くすクローヴィンケル役の武田鉄矢が出演する。

あわせて予告映像も公開された。

【動画】異世界居酒屋「のぶ」Season3/特報 VOL.2

また、『WOWOWオリジナルドラマ 異世界居酒屋「のぶ」Season2~魔女と大司教編~』のDVDが2023年1月18日に発売されることも決定した。

■コメント
・平岡祐太

居酒屋が異世界と繋がってる……? なんだそれ! 面白いなと思いました。また、貴族という特殊な役柄や、作り込んだ衣装や世界観が舞台演劇をしているような感覚にもなり、笑いも絶えない現場で楽しく演じさせて頂くことができました。品川監督こだわりのクルッとした前髪にも注目して観て頂けたらと思います。

・田中直樹(ココリコ)

今回、初めて品川組に参加させて頂きました。監督とは30年近くお付き合いさせて頂いており、若手の時から作品づくりに対する熱い想いをいつも聞いていました。そんな品川作品に遂に関われるという事で衣装合わせの時から喜びで胸がいっぱいでした。現場での監督のアイデアにより更に魅力的なゼバスティアンが作られたかと思います。品川監督ありがとうございました。絡みはなかったですが、ついでに庄司もありがとね。

・海宝直人

今回、波岡一喜さん演じるゲーアノートの弟、アウグストを演じさせていただきました。異世界の住人ということではじけたシーンもあり、品川監督の作り出す和気藹々とした空気の中で楽しい時間を過ごさせていただきました。美味しい匂いがただよう撮影現場で、食べるのが大好きな自分としては幸せな現場でした……(笑)皆さんも見終わった後はきっとアレが食べたくなるはず! 居酒屋「のぶ」の店内の親しみ溢れる空間とそこに出入りする異世界なキャラクターたちのアンサンブルを皆さんどうぞお楽しみください。

・じろう(シソンヌ)

ドラマの現場は話し相手がいないことが多いのですが、品川さんがいて、大自然のロジャーもいて。なんだかルミネの楽屋のような気分で撮影に参加できました。すごく意地悪な役で台詞をいっぱい喋った気がします。是非ご覧下さい。

・長田庄平(チョコレートプラネット)

僕らの良さが100%引き出されたドラマ! 何も考えず楽しめるエンタメでも観たらあなたに刺さるエンタメ! 観た方がいいですよー!

・松尾駿(チョコレートプラネット)

品川監督の作品に出ることができて光栄です。楽しく雑談していたら撮影が終わっていた感覚です。是非ご覧ください!

・平埜生成

大人気シリーズに参加させていただけることを嬉しく思います! 撮影で使用する料理が本当に美味しくて、心ほだされていました! 今回、初参加でしたが、共に家族を演じる庄司智春さんたちが温かく迎え入れてくださり、本当に有り難かったです。そして撮影後、毎回「お疲れさま、ありがとう」と言葉をかけてくださった品川監督の優しく大きな視点のおかげで、楽しく撮影に臨むことができました! 放送が楽しみです!

・監督&脚本・品川ヒロシ

【平岡祐太】
カツラのせいもあって真面目にやればやるほど、なんか面白い。何が面白いのか分からないんだけど、何を食べても、何を喋っても、すっと変な面白さがありました。

【田中直樹】
デビューしたときからお世話になっている大先輩。ココリコミラクルタイプでは5年間一緒にコントをやらせていただいいた。相変わらずの面白さで堅物なのに何処かユーモアがあって優しさのある、そんな役どころを見事に演じてくれました。

【海宝直人】
ミュージカルの第一線で活躍なさっている海宝さんと、元宝塚の早霧さんの共演は撮っていて胸熱でした。姿勢から発声から全てがミュージカルで異世界居酒屋のぶの世界観にぴったりでした。

【じろう】
コントやコメディの芝居が上手いのはおもちろん知っていましたが、嫌な悪役が驚くほどに上手かったです。声量がすごくて、それがそのままお芝居の迫力につながっていました

【チョコレートプラネット】
ロバート秋山と共に、ほとんどアドリブでやってもらいました。スタッフも笑いを堪えるのに大変で、その面白さがそのままドラマに反映されています。

【平埜生成】
弟を見守る穏やかで優しい兄。平埜くんの穏やかな雰囲気がそのまま芝居にも出ていました。また、小さいコンプレックスを持っている役でもあったので、その繊細な芝居も良かったです。

(リアルサウンド編集部)

Array

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加