「極主夫道」猫の銀が主人公の実写ミニドラマ配信、梶裕貴&下野紘が声で参加

「極主夫道」猫の銀が主人公の実写ミニドラマ配信、梶裕貴&下野紘が声で参加

  • コミックナタリー
  • 更新日:2020/11/22

おおのこうすけ「極主夫道」に登場する猫・銀にスポットを当てたミニドラマ「『極主夫道』スペシャルミニドラマ 銀のさんぽ」全3話が、“いいニャンニャンの日”を記念し、本日11月22日よりYouTubeの日テレ公式チャンネルで順次配信。銀の声は、梶裕貴が担当する。

No image

左から下野紘、梶裕貴、玉城ティナ。

単行本の巻末におまけエピソードとして描かれている「銀のさんぽ」。銀は飼い主である龍の影響を受け、関西弁や極道言葉を使う自由気ままな性格のキャラクターだ。ミニドラマの銀役は、玉木宏主演のTVドラマ本編にも同役で出演しているマシロが担当。また第2話で龍の家の庭に迷い込む犬・菊五郎には下野紘、第3話で銀が恋するメス猫・ローズには、純喫茶でバイトするゆかり役としてTVドラマに出演する玉城ティナが声を当てる。

「『極主夫道』スペシャルミニドラマ 銀のさんぽ」

第1話:2020年11月22日(日)20:00~
第2話:2020年11月23日(月・祝)20:00~
第3話:2020年11月29日(日)20:00~
※配信スケジュールは変更になる可能性あり。

キャスト

銀:梶裕貴
菊五郎:下野紘
ローズ:玉城ティナ

コミックナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加