「戦力外」続く香川真司、PAOK監督が言及「カガワの振る舞いには...」

「戦力外」続く香川真司、PAOK監督が言及「カガワの振る舞いには...」

  • サカノワ
  • 更新日:2021/10/14
No image

香川真司。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

リーグ4試合連続でメンバー外。1月の放出が濃厚に。

ギリシャ1部PAOKテッサロニキの元日本代表MF香川真司が、厳しい状況に置かれている。

最近ではリーグ4試合連続でメンバー外に。外国籍選手の問題で、事実上「戦力外」となっている。日本の元エースはスペイン2部レアル・サラゴサでの戦いを選択し、2019-20シーズンのプレーオフで最後の最後に1部昇格を逃したあたりから、コロナ禍も影響し、なかなか上昇気流に乗れずにいる感じだ。

ギリシャメディア『スフィーナ』はこのほど、「カガワはどうした?」というレポートを掲載。10月3日に行われたOFIクレタ戦(〇3-1)を前にした公式記者会見で、ルーマニア人のラズヴァン・ルチェスク監督が香川について言及したコメントを伝えている。

指揮官は次のように香川の状況について語っている。

「カガワの振る舞いには何の不満もありません。彼はトレーニングでとても素晴らしい働きをしてくれています、素晴らしい選手です」

指揮官としては、香川に再びチャンスを与えたいと考えている。とはいえ、「枠」の問題がクリアされるとともに、32歳の日本人アタッカーが助っ人としてのクオリティを発揮することが、公式戦復帰への条件になるというのだ。

実際には移籍が基本線。一時はメジャーリーグサッカー(MLS)行きも噂されたが、マーケットは閉じてしまった。現在開いているのはブータンなどマイナーな市場しかない。現実的には1月に解禁される、冬の移籍市場での放出が確実視される。

2021年1月に1年半契約でPAOK入りした香川は、新シーズンこれまでリーグ1試合、UEFAカンファレンスリーグ予選3試合に出場。国内リーグでは開幕のPASヤニス戦で4-2-3-1のトップ下で先発出場したものの61分で交代し、チームは1-2で敗れた。するとそのあと4試合連続でベンチからも外れている。

一方、PAOKはリーグ戦4勝1敗で首位に立っている。

Jリーグ復帰の可能性も出ているが――。香川は再び輝きを放てるのか!?

【注目記事】
三笘薫が語るベルギー生活。唯一「勘弁してくれ」と思うこととは?

【日本代表 採点】最高点「5」は3人。MOMは田中碧も素晴らしかったが「16番」をきりきり舞いさせた…

【指導者の視点】日本の全攻略に関わった田中碧と守田英正。二人の「調整力」が豪州戦勝利へ導く

[文:サカノワ編集グループ]

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加