夫の表情がウザい...! ツッコミ待ちの表情で私を見つめる夫の「ダジャレハラスメント」

夫の表情がウザい...! ツッコミ待ちの表情で私を見つめる夫の「ダジャレハラスメント」

  • 毎日が発見ネット
  • 更新日:2023/01/25

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:やまと
性別:女性
年齢:42
プロフィール:夫と二人暮らしです。

義母の暴言、夫の不倫、職場いじめ...【漫画】みなさんの体験記 人気ランキング<TOP10>

No image

10歳年上の夫はダジャレが大好きで、事あるごとにくだならいことを言います。

今までは「よくダジャレを言う人だな」くらいにしか思ってなかったのですが、コロナ禍が始まって在宅勤務などで一緒に過ごす時間が増えてからは、その多さが気になるようになりました。

例えば、旅行の話をしていて「北海道はどうかな?」と私が言うと...。

「北海道は移動するのが大変。北海道はでっかいどー! 東北もいいけど、秋田に行くのはもう飽きた」

などと使い古されたダジャレを連発して、なかなか話が進みません。

映画の話をしているときはこんな感じです。

「あの映画が見たいね、この映画もいいかも。でも洋画には用がないからこの邦画にしよう。あ、こっちの邦画もいいなあ。いずれにしても洋画には用がないんだから...」

だんだん面倒臭くなってきてしまいました。

私の前でこんなにダジャレを言うのだから、もしかしたら職場でもダジャレを連発させてみなさんを困らせているかも...と心配になってしまいました。

そんなある日、夫が在宅勤務のリモート会議をしている声が私の部屋まで聞こえてきました。

その日のリモート会議は、ハラさんという20代の新人さんが参加予定でしたが、ハラさんはどうやら時間になってもリモート会議に入っていないようでした。

会議のメンバーが「ハラくんが来ていないようだけど」と話していたところに、ハラさんが少し遅れて焦りながら入ってきました。

ハラさんはリモート会議システムの使い方がよく分からなかったらしく、「すみません、すみません」と平謝りしていましたが、それに対して上司らしき人が苦言を呈すような声が聞こえてきました。

すると、そこで夫が一言。

「いやー、ハラくんに何かあったのかと思って、ハラくんだけにハラハラしちゃったよ」

会議のメンバーは「またダジャレですか〜」とあきれたように苦笑いし始め、場の空気が少し和やかになったようでした。

このときばかりは、たまたまダジャレが功を奏した...とホッとしましたが、ウザいと思われていることも多いはず...そう思うとやはり心配になります。

さらに面倒臭いのは、ダジャレをサラッと言うのではなく、私が褒めるなり突っ込むなり何らかの反応をするまで「北海道はでっかいどー! 北海道はでっかいどー!」などと何回も繰り返すことです。

今はいろいろなことがハラスメントと言われるような時代。

これは「ダジャレハラスメント」になるのでは!? と思ってしまいます。

無料まとめ読み♪ 【漫画】みなさんの体験記 記事一覧はこちら

人気記事:《漫画》「パート主婦って苦労してる感じだよね」と私たちを常に見下す義弟夫婦。ところが...<前編>
人気記事:《漫画》名家に嫁ぎ「どこの出身か存じませんが」と言われ...劣等感まみれの私が妊娠したら...<前編>
人気記事:認知症の母宅の「異様に安いガス代」。本当にちゃんと生活できてるの?《ワフウフ》

※健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
※記事に使用している画像はイメージです。

毎日が発見ネット

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加