まだ早い!お泊まりデートを上手に断るコツ!

まだ早い!お泊まりデートを上手に断るコツ!

  • ハウコレ
  • 更新日:2020/10/17
No image

「大好きな彼からお泊まりデートに誘われたけど、まだ早いような気もする。でも、彼のことは傷つけたくない……。」そんなとき、彼氏にはどう返事をすればいいのでしょうか。

本当の気持ちを伝えつつ、彼との関係もキープできるお泊まりデートの断り方についてまとめました。

彼氏を傷つけずにお泊まりデートを断る方法

彼と長く付き合っていくうちに意外と難しいのがお泊まりデートの断り方です。

彼女のほうも「いつかは……。」とは思っていても、彼氏から急に誘われると思わず身構えたり、準備ができていなかったりしてすんなりOKできない、というシチュエーションも少なくありません。

彼氏の気持ちを傷つけずにお泊まりデートを上手に断るポイントについて見ていきましょう。

仕事を理由にする

社会人カップルであれば、仕事を理由に断るのがいちばん自然です。

誠実な彼氏であれば、彼女から仕事を理由に断られればすんなりとあきらめてくれるでしょうし、機嫌が悪くなることもないはずです。

仮にそれが嘘であっても、深く追及されることがなければ無難な断り方と言えるでしょう。

「今日はダメなの」と伝える

お泊まりデートとなると、男性よりも女性のほうが何かと準備が多いものです。

「今日はダメなの」とシンプルに断ることで、「今日はダメだけど、いつかはOKするから」という期待をもたせることができ、彼氏のほうも納得しやすくなります。

それでも「なんでダメなんだ」としつこく迫ってくるような彼氏なら、早めに見切りをつけたほうがいいかもしれません。

ポジティブな理由を伝える

お泊まりデートを断るなら、できるかぎりポジティブな理由を添えるのがポイントです。

「あなたとの関係を大切にしたいから、いまはちょっとだけ待って」というふうに、前向きになれる理由を伝えれば、彼氏のほうもうれしくなり、ふたりの関係がよりいっそう深まるはずです。

お泊まりデートをさけるためのコツ

自然な断り方がどうしても思い浮かばないのなら、そもそもお泊まりデートにつながりにくい展開にする、という方法もあります。

たとえば、夜遅い時間帯のデートを極力減らし、昼間のデートを増やせばお泊まりの気分にもなりにくいでしょう。

また、お家デートでアルコールを飲んでしまうと理性のブレーキがきかなくなり、なんとなくの流れでお泊まりデートになってしまう可能性が高まりますので、デートでお酒を飲むのもお泊まりの覚悟ができていないうちはやめておいたほうがいいでしょう。

お泊まりデートもタイミングが大事!

彼との距離がぐっと縮まるお泊まりデート。

ただ、少しでも早すぎると感じたら、無理をせず断りましょう。

未来に期待を持てる断り方を心がければ、彼もきっと納得してくれるはずです。

(ハウコレ編集部)

ハウコレ編集部.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加