大迫傑「密を避けて1人でも」緊急宣言下での心境

大迫傑「密を避けて1人でも」緊急宣言下での心境

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/01/13
No image

報道陣のリクエストに応じ、大迫傑(左)の体を押すメディロムの江口康二代表取締役(撮影・上田悠太)

男子マラソン日本記録保持者で、東京オリンピック(五輪)代表の大迫傑(29=ナイキ)が13日、緊急事態宣言下での心境を明かした。

「最初の緊急事態宣言が出た時と変わらない。特にランニングは密を避けて、1人でやることもできる。オリンピックがあるかどうかに左右されるのではなく、まずは自分にできることをしっかりやっていこうと捉え、トレーニングをしていく」。未知のウイルスの終息は全く見えないが、五輪の開催可否は、自分ではどうすることもできない。そこを深く考えず、淡々と目の前のトレーニングに集中していく。

この日は「Re.Ra.Ku PRO ランニング竹橋皇居前店」で、同店のオープニングイベントに出席。大迫はボディーケアの「Re.Ra.Ku」とコラボし、市民ランナー向けの疲労回復や故障防止の新メニューを考案しており、その施術を受けられる第1号店になる。「アスリートはトレーニング、食事、ケアの3つの要素が大事。一般の方はケアの部分が足りていないと感じていた。けがなく継続してトレーニングをできるようになって欲しい」。市民ランナーと交流する中で感じていた思いを実現させたのが、今回の取り組みだった。

練習拠点は米国だが、帰国中は皇居周辺を走ることもあるという。「なかなかシャワーを浴びられなかったので、今後、(シャワーもある同店を)使わせていただきたい」と笑った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加