NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
【函館新馬戦】ポイズンアロウ 仕上がり太鼓判、藤沢和師「大きい馬だけど小回りも問題ない」

【函館新馬戦】ポイズンアロウ 仕上がり太鼓判、藤沢和師「大きい馬だけど小回りも問題ない」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/07/22

函館土曜5Rの新馬戦(ダート1700メートル)で注目を集める外国産馬ポイズンアロウ(牡=藤沢和、父アロゲート)は横山武を背に函館Wコースで5F68秒3~1F13秒2(馬なり)。藤沢和師は「中間のダートの動きもいいし今日もいい感じ。大きい馬だけど小回りも問題ない」と目を細める。父は16年ブリーダーズCクラシックなどG1・4勝した名馬。指揮官は「できれば秋にブリーダーズC(ジュヴェナイル=ダート8・5F)に連れて行きたい。タピットの子(フィフティシェビー=新馬4着)も諦めていない」とタッグで米国遠征の夢を描く。

No image

ポイズンアロウ(撮影・千葉茂)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加