「みをつくし料理帖」松本穂香が奈緒に下がり眉褒められ笑顔、角川春樹は俳句披露

「みをつくし料理帖」松本穂香が奈緒に下がり眉褒められ笑顔、角川春樹は俳句披露

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2020/10/17

みをつくし料理帖」の公開記念舞台挨拶が、本日10月17日に東京・丸の内TOEIで開催され、キャストの松本穂香や監督の角川春樹ら9名が登壇した。

No image

鏡開きの様子。上段左から小関裕太、窪塚洋介。下段左から若村麻由美、松本穂香、奈緒。

すべての画像・動画を見る(全30件)

No image

高田郁の時代小説シリーズをもとにした本作。主人公・澪が料理人として成長していく姿や、吉原で花魁として生きる“あさひ太夫”こと幼なじみ・野江との不変の友情が描かれる。このイベントには松本と角川のほか、奈緒若村麻由美小関裕太窪塚洋介藤井隆石坂浩二中村獅童が登壇。全員が、福をもたらすという白虎のお面を持ってステージに上がった。

No image

澪役の松本は、下がり眉という設定に苦労したそうで「お家で鏡の前に立って、1人でずっと下がり眉の練習をしていました。でもメイクさんに相談したら『松本さんはそんなに心配することないですよ、お芝居に集中してください』って言われて(笑)」と告白。仕上がりについて少し不安げな顔をしていた松本だが、野江役の奈緒が親指を立てて“グー”と評価すると、「合格いただきました!」と笑顔を見せた。

No image
No image

奈緒は、角川の演出について「言葉にできない気持ちを目で伝えてほしい、と監督がずっとおっしゃっていた」と振り返る。また吉原・翁屋の料理番である又次役の中村は、村上淳とのアクションシーンを「段取りのとき、離れたところにいる監督の『お前の“怒る”ってのは、そんなもんか!』という声が聞こえて、本気でやらないとヤバいなと思いました。松本さんは僕らを止めなきゃいけなかったので、大変だったと思います(笑)」と振り返った。

No image
No image

御膳奉行・小松原役の窪塚は、本作でこだわった演技の間に関して「YouTubeとか、今時の方々ってすごく間を詰めるじゃないですか。でも僕らの芝居や音楽は、間があるからこそいろいろ考えられると思う。間を慈しめるような人でありたいし、そういうものを作品に残していきたい」と語る。さらに医者・永田源斉役の小関も「完成作品を観て、この時代を生きていた人の時間の流れを感じたし、自分が見たことのない自分を見つけることができて感動しました。窪塚さんの『間を慈しむ』というのは、本当にその通りだと思います。この作品は自分の岐路になりました」と感慨深げに述べた。

No image

最後に角川は「よく『スタッフ、キャスト一丸となって映画を作りました』と言いますよね。でもあれって、ほとんど嘘ですから」とジョークを飛ばし、「でもこの映画に限っては初めてそれを感じました。自分が関わった作品でもっとも愛着があって、現場を終えることがとてもさびしかった。終わってから2カ月間、毎晩この映画の夢を見たんです。そんなの初めてのことですし、こうしてできあがった作品を観ていただけることがうれしい」と思い入れを口にする。そして角川がこの日のために用意した俳句「映画といふ 祭はじまる 鷹の天」が披露され、イベントは終了した。

「みをつくし料理帖」は全国で上映中。

※高田郁の高は、はしごだかが正式表記

(c)2020 映画「みをつくし料理帖」製作委員会

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加