矢野監督、2軍3安打のロハスに「競争という形。総合的に考える」一問一答

矢野監督、2軍3安打のロハスに「競争という形。総合的に考える」一問一答

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/01
No image

1回表広島1死二塁、鈴木誠が二ゴロも一塁セーフ判定にリプレー検証を要求する矢野監督、結果はアウト(撮影・清水貴仁)

<阪神-広島>◇1日◇甲子園

3回表終了後に降雨ノーゲームとなった。激しい雨が降りやまず、グラウンドコンディションも不良となったため。

矢野燿大監督の一問一答は以下の通り。

-雨は予報通りでこればかりは仕方がない

「まあね、どうしようもないね」

-展開的にも引きずることはない

「それはないと思うし、点が入ってたら入っていたで、ヒットを打った人は何かもったいない感じするし。まあまあでも(伊藤)将司の状態は良かったからね、それはまあプラスに捉えて。相手投手(高橋昂)も、あまり対戦することがなかったけど、どういう投手かということぐらいは。今後も当たる可能性があるんで。そういう部分は見えたかな」

-伊藤将は来週また期待する形か

「普通に、ローテを組んでいこうかなと思っています」

-試合前に秋山投手とも話をしていたが

「チェンを先発させた時に、アキがいったん飛ぶ形になるんで、そういうこともという話をしていた」

-秋山は抹消になる

「抹消をどうするのかがまた難しくて。入っても入り上がりになるから、じっくり考える時間はないんだけど、他のコーチと相談しながら。明日ぐらいには決めないといけないと思っています」

-ロハスはファームで3安打に本塁打

「そりゃあ、そういう成績を残してもらうということが上げる材料にはなるし。こっちにいる外国人選手だって調子が悪いわけじゃない。競争という形になるから。まずは今日みたいにファームで打って当たり前の選手だと思うんで。そういう結果を出していきながら。現状ピッチャーも3人いるわけだから、総合的に考えるっていうところしかないんで。まずはロハスが上がってきたというのはまた好材料かなと思うけどね」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加