“変な人はミキサーに入れっぱなしに” “ちゃんとした人に危害を加えるのはダメ” ...通り魔の手紙に書かれた矛盾

  • 文春オンライン
  • 更新日:2020/11/21

「日本の大部分は小汚い者達です」 1999年、池袋通り魔事件犯人が手紙に書いた“異常性”から続く

1999年9月8日正午前、人通りの絶えることのない東京・池袋で起きた通り魔殺人事件。包丁と金槌で次々と通行人を襲い、死者2名、重軽傷者6名の被害者を出した。犯人は池袋駅前で取り押さえられ、その場で警察に逮捕された。それから3ヶ月半が経った12月、東京地方裁判所に池袋の通り魔が姿を現した。

その公判廷の傍聴席にいたのが、ジャーナリストの青沼陽一郎氏だ。判決に至るまでの記録を、青沼氏の著書『私が見た21の死刑判決』(文春新書)から、一部を抜粋して紹介する。(全2回中の2回目。前編を読む)

◆◆◆

恋愛誇大妄想

それから、彼の送ってくる手紙の一通当たりの紙数も増えるようになった。

その中でも特に多く触れていたのは、自身の学生時代のことや、学歴についてだった。

【私は小、中、高と学校に行っていた時、回りの生徒がうるさくてとりあえず高校を出られればいいような気になっていました。(中略)だいぶ宿題も出していないし、家でもほとんど勉強した事がありませんでした】(H13・9・27消印)

【私は学歴が高くないとなれない仕事(例えば政府の官僚、裁判官とか。)で、学歴が低くても多少低くてもなれるようにするのがいいと思います】(H13・10・9消印)

【求刑前、私は点がそろったら東大、早稲田、慶応を受けようと思っていました。今もいらないと思いますが、会社を作るのに学歴はいらないと思います】(同)

それだけ、自身の学生時代のことにコンプレックスを感じているように思える。両親の借金、蒸発は大きな暗い影ともなっているようだ。

【造田博教では家族・親族の関係をなしにしようと思っています。(中略)家族や親族に関係があるなんていう事を放置しておくと、家族の借金を同じ家族の人が払わないといけないだとか問題が起きると思います。私は同じ家族の借金なんて関係なかったら払わないでいいと思います】(H13・9・27消印)

奇しくも、死刑求刑の3週間後には、アメリカ同時多発テロが発生していた。その直後に、彼はぼくに現金書留を送ってきたこともあった。

No image

©iStock.com

【私のお金を郵送するのでとっておいて下さい。日本が戦争になった時、拘置所に置いていてお金がなくなったら困るので】(H13・9・19消印)

しかし、ぼくは取材でニューヨークに滞在し、これを受領することができず、彼のもとに戻っていった。

また、その後のアメリカのテロ報復攻撃については、

【私はアメリカ合衆国の報復攻撃に賛成します】

【アメリカ合衆国の報復攻撃にどのぐらい賛成かというと、10割のうち4割ぐらい賛成という事です】

と謳っているのだが、それだけアメリカには強い関心があったことも事実だった。

200ドル足らずの所持金で渡米

通り魔となる前の年、造田は単身渡米している。ところが、この時わずか200ドル足らずの所持金を使い果たして、行き倒れとなり、日本領事館に保護され、ポートランドの教会関係者の世話となる。この関係者宅にホームステイをしていたのが、「造田博教」をつくったと手紙で告白されたキリスト教徒の友人だった。

彼は法廷でこう証言している。

「造田さんと最初に会った時は、すごく暗い感じの人でしたが、時が経つにつれてコミュニケーションがとれるようになってきました。一緒に生活をして、お世話をしてくれたホスト・ファミリーの方が、親身になって接していたので、心を開いたのだと思います」(H13・4・20公判証言)

ぼくに宛てた手紙でも「ポートランドの教会の人たち」のことを快く書いてくることが多かった。当地での生活は、彼を明るく解き放ったのだろう。

一方で、これを弁護側は「恋愛誇大妄想」の端緒として主張を展開していた。

造田には、中学時代の同級生に憧れの女性がいた。渡米の前までに、彼女に交際を申し込む手紙を再三送り、最後は自宅まで訪ねていたが、これを親に断られている。

「渡米した時期に、この女性はシアトルに住んでいた。この女性に会う為に成田からロスアンゼルスに到着後、西海岸を陸路シアトルに向かって北上途中のポートランドで行き倒れとなったのではなかったか」(弁護側主張)

しかし、造田は法廷でこう答えている。

「シアトルまで行く気はありませんでした……。あの~……、シアトルより、ポートランドが安全だと思って行きました」(H13・4・20/被告人質問)

なにかを押し殺すような、相変わらず力のこもらない答弁だった。

それでも、ぼくに届いた手紙には、もっと女性や性的なことについて、能弁に語っていた。

造田博教の持つ女性観

【私がつらいと思う事についての知識をいくつか書きます。女の人が風俗街(ソープランド街。風俗街は都市以上に大きい風俗街のことです。)の女王にされる事、(中略)風俗街の女王の所は女の人を迫害するという事ではないです】(H13・9・27消印)

【造田博教の会社ではソープランド、キャバクラ、キャバレー、クラブ、ストリップ、スナック、居酒屋、アダルトビデオ、エロ本は作りません。造田博教の会社の週刊誌に女の人の写真が出てもだいぶおさえぎみにします】(H13・10・2消印)

【私はホモではありません。女の人が好きです。ホモやレズがだめという事ではないです】(同)

日本領事館や在米邦人の支援を受けながら、帰国した造田は、再び肉体労働に従事する。

そこで「輝き」を失った造田は、新聞配達の仕事で手にした携帯電話にかかってきた深夜の無言電話に“キレる”のである。

この時のことを、彼は法廷であまり語ろうとはしなかったが、ぼくへの手紙ではこう語っていた。

【私が事件を起こしたのは無言電話で日本にたくさんいる人にたまたま頭にきての事です。私の携帯電話に無言電話をかけてきたのも日本にたくさんいるような人です。頭にきたのは日本にいてわからない事(仕事中トイレに行けない、仕事で大酒につき合わされるとか。)がそれまでにもたくさんあった事もあります】(H14・1・7消印)

しかし、「日本にたくさんいるような人」という人物像については、尋ねてみたところで、何も触れようとはしなかった。

復讐や刑罰はしてもいい

判決が近付くに従って、彼は「造田博教」について、こうも触れている。

【他の人に危害を加えるのがだめな方で、加えないのがいい方と前に書いたのは、ちゃんとした人またはいい人に理由もなく危害を加えようとするのがだめで、ちゃんとした人またはいい人に理由もなく危害を加えようとしないのがいい方という事です】

【キリスト教の敵を愛しなさいとか復讐してはならないは、いらないと思っています】

【私は変な人(これは変な人の事です。)は刑法や法律とかでミキサー(食べ物をどろどろにする物です。)に永遠に入れっぱなしにするのがいいと思っています。ミキサーだけでなくもっとひどい事があれば、他の事もやるのがいいと思っています。これは時間がかかるかもしれません。】

ならば、自分の犯したことについて、遺族が極刑を望むこと、自身の存在を、どう正当化するのか、それを手紙で尋ねても、彼は答えようとしなかった。

最後の手紙

裁判では、犯行時の刑事責任能力を争う弁護側の主張によって、裁判所の嘱託による精神鑑定も実施された。

そもそも、無言電話をきっかけにアパートを飛び出したところで、それが犯行の動機になったとは考え難い。無言電話の相手が誰なのか、本人にすらわかっていない。

弁護側は執拗に中学時代の女子同級生を追い掛けるような常軌を逸した行動から「誇大妄想」による心神喪失もしくは心神耗弱を主張するのだった。

しかし、審理を中断して実施された鑑定の結果は、刑事責任能力を問える、とするものだった。結果的に裁判所は、この鑑定報告を採用している。

「外務省宛の手紙や、渡米のように通常人からみて理解に苦しむ行動や本件犯行の動機の形成過程に飛躍があることなどからすると、被告人が定型的な精神分裂病に羅患しているとは認められないものの、精神分裂病の辺縁群である疾患に羅患していた可能性は否定できない」(判決文より)

通り魔との初めての対面

その上で、無言電話から犯行に至るまでに数日の時間があり、その間に躊躇もあったことや、犯行目的で購入した包丁と金槌を店員に怪しまれないようにと、各々まな板とドライバーを一緒に東急ハンズで購入していることから、正常な判断は期待できた、責任能力は問えると判断したのだ。

判決の言い渡される前日、ぼくは東京拘置所にいた。

そこで、はじめて文通を交わしてきた通り魔と対面した。

「あ、どうも、初めまして……。こんにちは……」

透明なガラス板が張り巡らされた向こうで、どこか照れくさそうに、それでいて親しみを込めた笑みをこちらに向けている。

はじめてみる笑顔だった。

法廷では、あんな顔を見ることも、手紙の中のように饒舌に語ることもなかった。

それが、何の意味も、脈絡のないものであったとしても、だった。

「また、手紙を書いていいですか」

彼は面会の最後にそう言った。構わない、とぼくは答えた。すると彼は安心したように微笑んでみせる。

この笑顔で無差別に人を刺したのだろうか。

あの日あの時、池袋の東急ハンズの前に、ぼくが立っていたのだとしたら、きっと彼は何の躊躇いもなく、ぼくを刺していたことだろう。

案の定、翌日の判決公判では、どこか緊張にも似た、落ち着きの無さを露呈していた。不自然に首を振ったり、顔を拭ったり、頭を掻いたり、肩を回したり……。やがて、その理由から言い渡された判決は、最後に主文を述べた。

「被告人を、死刑に処す」

その瞬間も、造田は表情を変えることはなかった。

それからしばらくして、東京拘置所の彼から手紙が届いた。

死刑判決に触れることはなく、取り留めのない短い手紙だった。

そこにはいつものようにこうあった。

【この手紙は私の思った事を適当に書いただけなので深刻に考えないで下さい。】

それが通り魔からの最後の手紙となった。

(青沼 陽一郎/文春新書)

青沼 陽一郎

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加