「この大会でプレーできて幸せ」女子準決勝進出の4選手 [第40回全国小学生]

「この大会でプレーできて幸せ」女子準決勝進出の4選手 [第40回全国小学生]

  • テニスマガジンONLINE
  • 更新日:2022/08/06
No image

公益財団法人日本テニス協会(JTA)が主催する「第40回第一生命全国小学生テニス選手権大会」(東京都杉並区・武蔵野ローンテニスクラブ、東京都世田谷区・第一生命相娯園グラウンドテニスコート/8月3~6日/クレーコート)の大会3日目は女子シングルスで3回戦と準々決勝が行われ、ベスト4が出揃った。

No image

「強い相手でもしっかりコースに打ち分け、スタミナをつけていきたい」と今後の目標を語った駒田唯衣

昨年準優勝の駒田唯衣(一宮市立千秋東小学校6年/愛知)は1回戦から4試合で落としたのはわずか5ゲームで、強さを見せつけている。昨年の決勝の第3セット、集中力を切らして0-6で落とした苦い記憶を振り払おうとしている。

「今度こそ優勝というつもりです。弱気にならないようにプレーしている。集中できる時間が長くなっています」

No image

「準決勝、決勝もしっかりプレーして優勝したい」と語った西脇美結

今大会第1シードの西脇美結(富田林市立久野喜台小学校6年/大阪)は左利きの優位性を生かしながら、フラットで叩くフォアハンドを武器に勝ち上がってきた。

「第1シードは初めてだけど、プレッシャーには感じていません。準々決勝の第2セットは自分でコースを攻め過ぎて取られたけど、タイブレークは落ち着いて焦らずにできた」

No image

「伊達公子さんの動画を見て参考にしてきた」という佐脇京

テニスを始めたときから、自然と両サイド両手打ちだったという第4シードの佐脇京(渋谷区立富谷小学校6年/東京)は、感謝の言葉を口にした。

「世界では病気、戦争、災害でテニスができない選手もいる中で、このような大会でプレーできて、楽しませてもらってとても幸せです。1ポイント1ポイント楽しみながら優勝を目指します」

No image

「いつも練習しているハードと似ているのでカーペットはプレーしやすい」と語った羽生田杏

第8シードの羽生田杏(草加市立長栄小学校6年/埼玉)は目標のベスト8を突破して勢いに乗っている。

「準々決勝は相手のボールが重くネットミスが増えたけど、コースを狙ってミスを減らすことができた。明日も勝てるように全力で頑張ります!」

--{ベスト8、その他4選手}--

No image

田之上心咲(柏市立柏第二小学校6年/千葉)

No image

鈴木美波(静岡県浜松市立芳川小学校6年/静岡)

No image

岩佐心優(練馬区立大泉第三小学校6年/東京)

No image

行方ゆな(札幌市立新琴似北小学校6年/北海道)

テニスマガジン編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加