どのイチゴに惹かれる?【心理テスト】答えで分かる「あなたの今の幸福度」

どのイチゴに惹かれる?【心理テスト】答えで分かる「あなたの今の幸福度」

  • ananweb
  • 更新日:2022/01/14

新しい年が始まったことで、ふと「今の自分は幸せなのかな?」と考える機会が増えたのでは? 幸せの感じ方は人それぞれ。毎日に満足しているかどうかは、あなたの捉え方次第でしょう。ですが、客観的に自分の幸福度が知れたら、それは自分の主観を見直すきっかけになるかもしれません。そこで今回は、選んだイチゴによって「あなたの今の幸福度」が分かる心理テストをご紹介します。

Q.次のうち、あなたが直観で惹かれる“イチゴ”はどれですか?

No image

A:Aのイチゴ
B:Bのイチゴ
C:Cのイチゴ
D:Dのイチゴ

あなたはどれを選びましたか? さっそく結果を見てみましょう。

この心理テストで分かること

あなたの今の幸福度

深層心理において“イチゴ”は、熟すごとに赤く色づいていく果物であるため、自分の成熟度を反映するフルーツだと言えます。そして、イチゴの向きや色味は、あなたが生活をどのように据えているのかということに密接に関係しています。

そのため、惹かれるイチゴによって、「あなたの今の幸福度」が分かるのです。

A:「Aのイチゴ」を選んだあなた……今の幸福度70%

あなたは「自分の限界を超えていく」ことに喜びを感じるタイプのよう。猪突猛進な性格なので、ひとつのことだけにまっすぐ突き進んでいくタイプでしょう。

カリスマ性があるので、周囲に人が集まりやすいですが、ややワンマンなところが玉にキズかも。もう少し協調性を大切にすれば、幸福度が2倍3倍にアップするはず。正義感が強く自己主張できるのはいいのですが、時には一歩引くことであなたの評判はさらに上がりますよ。

B:「Bのイチゴ」を選んだあなた……今の幸福度45%

あなたは柔軟な性格で、要領がいいタイプでしょう。それだけに周りからは調子のいいヤツと思われてしまうことも…。ですが本来のあなたはクールそうに見えて、意外と情に脆い面があるはず。少し安請け合いしがちな面があるので、慎重になることも時には必要です。

あなたの知性とコミュニケーション力はたくさんの人達を引き寄せます。理知的かつ好奇心旺盛なので的確に知恵を出し、アドバイザーとして活躍すれば、さらに幸福度は高まりそう。

C:「Cのイチゴ」を選んだあなた……今の幸福度25%

あなたは物事を最後までやり遂げる忍耐力と責任感の持ち主。他の人が敬遠するような地味な仕事でも着実に積み上げ、地位を確立するでしょう。ただ、少し“息抜き”が下手かもしれません。あなたの場合、未知の体験に挑戦すれば、人生をもっと楽しめるでしょう。

また、もともと純粋な性格なので、人から信頼されるうえに、感覚が鋭く美しいものが分かる才能を持っています。自分にもっと自信を持ち、コミュニケーションを大切にすればチャンスが舞い込むはず。

D:「Dのイチゴ」を選んだあなた……今の幸福度90%

あなたは人情味のある優しさと鋭い直感力を持っています。困っている人に親切で面倒見がいいため、周りの人達からも好かれる“愛されキャラ”でしょう。まさに幸福度の高い人生を送っているかも。

ただ、周囲の影響を受けやすいため、自分の気持ちが分からなくなることも。その時の気分ではなく、客観的に考えて行動できるようになると、さらに魅力が増すはず。基本的に争いを好みませんが、いざという時、大切な人のために立ち上がれる強さを持っていますよ。

おわりに

自分が幸せかどうかというのは、客観的に測ることは難しく、自分自身の感受性や気づきによって得られることが多いでしょう。非常に主観的な指数であるため、あなた自身が自分に訪れる出来事をどのように受け止めるかが重要となってきます。

そのため、どんなに環境に恵まれていてもお金持ちでも、もっと欲しいと欲張れば、それは幸せではなくなることも。もし幸せになりたいのなら、「足ることを知る」ことも大切なのかもしれませんね。

ベッドの上では何してる…? 寝る前の行動で分かるあなたの「本当の性格」

脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター
株式会社ヒューマン・ライフ出版代表取締役社長、企業占術鑑定士、大学講師、秀心寺住職。会社との顧問契約による“星暦術”による鑑定を業とする。取締役7社・顧問先23社担当、経営・占術資格50種保有。TV等メディアでも活躍中、代表書籍は『生まれた日はすべてを知っている』。今冬、占い×手帳『まむすび』を出版予定。

©Kaigraph/Shutterstock

文・脇田尚揮

ananweb 編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加