米子北サッカー部 佐野航大 J2岡山内定 J2町田でプレーの兄海舟との対戦に燃える

米子北サッカー部 佐野航大 J2岡山内定 J2町田でプレーの兄海舟との対戦に燃える

  • 日本海テレビ
  • 更新日:2021/10/14
No image

米子北高校サッカー部の佐野航大選手がサッカーJ2リーグのファジアーノ岡山に内定し、13日に会見を行なった。「岡山加入の一番の決め手は兄と対戦できる確率が高いクラブだったから」と、J2町田でプレーする兄・海舟選手との兄弟対決に燃える。

米子北高校サッカー部の佐野航大選手(3年)がサッカーJ2リーグのファジアーノ岡山に内定した。

佐野選手:「『プロサッカー選手になる』という小さい頃からの夢を地元の岡山のクラブで叶えることができて大変嬉しく思っている。」

米子北高校サッカー部の佐野航大選手が地元・岡山のJ2・ファジアーノ岡山に内定し、13日、会見を行った。攻守の要となるボランチでプレーする佐野選手の特徴は、基礎技術の高さとゴール前の豊富なアイデア。今年の夏のインターハイでは決勝戦でゴールを決めるなど中心選手として活躍し、12年ぶりの準優勝に大きく貢献した。

佐野選手:「高卒でプロに行きたい。」

今年7月の日本海テレビの取材にこう話し、見事、有言実行を果たした佐野選手。

複数のクラブが獲得を目指していたとのことだが、J2岡山入りを決めた理由は…

佐野選手:「一番の決め手はお兄ちゃんと対戦できる確率が一番高いクラブだった。」

佐野選手の兄は3年前に米子北高校を卒業し、現在、J2のFC町田ゼルビアで活躍する佐野海舟選手。

佐野選手:「小さい頃から一緒にボールを蹴ってきて、一対一をしても負けてばかりだったのでプロという大舞台で『やり返してやる』という気持ちが強い。」

Jの舞台での兄弟対決に燃える佐野選手、今後の目標は・・・

佐野選手:「ファジアーノ岡山の一員として自覚と責任を持って

行動・プレーし、長所であるドリブルやパス、ゴール前の冷静さやアイデアを存分に発揮してJ1昇格に向けて頑張っていくのでよろしくお願いします。」

佐野選手擁する米子北も出場する、高校サッカー選手権大会鳥取県大会の予選は10月16日に開幕する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加