浦和サポーター、ACL明け初ホームゲームで抗議の横断幕「フットボールに情熱を戻す決断は誰の責務?」

浦和サポーター、ACL明け初ホームゲームで抗議の横断幕「フットボールに情熱を戻す決断は誰の責務?」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2022/05/14
No image

J1リーグは13日、第13節を各地で行い、埼玉スタジアム2002では浦和レッズサンフレッチェ広島が対戦する。浦和はAFCチャンピオンズリーグ明け最初のホームゲーム。午後7時30分のキックオフを前に、浦和のゴール裏サポーターからはJリーグへの抗議とみられる横断幕が掲出された。

横断幕の文言は「フットボールに情熱を戻す決断は誰の責務?PRIDEをサポーターを無視して忖度を続けた結果、失ったものは何?」。Jリーグではコロナ禍以降、2年以上にわたって応援の声出しが規制され続けており、そのことに抗議したものとみられる。

浦和は4月中旬から下旬にかけてタイ・ブリーラムで行われていたACLに参戦。現地では声出し応援が認められており、大勢のサポーターが集結していた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2022シーズンJリーグ特集ページ

●DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加