「誰かが楽しむ表現者を目指して」ご当地ゆるアニメ「超普通県チバ伝説」声優 眞塩藍咲 インタビュー

「誰かが楽しむ表現者を目指して」ご当地ゆるアニメ「超普通県チバ伝説」声優 眞塩藍咲 インタビュー

  • ちばとぴ!タウン
  • 更新日:2021/09/15
No image

柏の地域活性化を目的に2015年に活動を開始し、2020年に地上波テレビ放送を果たした柏のご当地ゆるアニメ「超普通都市カシワ伝説」。その次期シリーズの制作が発表された。新作は、柏を越え、千葉のご当地ゆるアニメ「超普通県チバ伝説」となり、千葉県全土を舞台にしたストーリーとなる予定だ。今回、超普通県チバ伝説に声優として出演が決まった眞塩藍咲さんに声優を目指すきっかけになったエピソードや出演への想い、今後の夢について伺った。

No image

—声優を担当することとなったお気持ちを教えてください。眞塩藍咲さん(以下、眞塩):はい。今回、声優に挑戦するのは初めてで、以前から関わりのあったこの作品に関わることができて、とても嬉しく思っています。—声優を目指したきっかけを伺えますか。眞塩;アニメにはまったことで、自分が声優になるとどんな演技ができるのか気になっていました。そんなときに、高校で声優の授業が開催され、そのレッスンの中で、私の声の感情を褒められて、もっとやってみたいという気持ちが大きくなったのがきっかけです。—声優に初挑戦とのことですが、これまでに演技経験はあるのでしょうか眞塩:はい。小学6年生の頃、ひなたアクターズスクールに通っていて何度か舞台に立たせていただき、演技したり踊ったりの経験があります。

No image

—普段は音楽を中心に活動されているようですが、音楽活動を始めたきっかけを教えてください。眞塩:音楽を始めたのは5歳の時です。歌うことが好きだった私は両親の勧めでコンテストに出場したのですが、予選落ちしてしまいました。それがとても悔しくて、歌がうまくなりたくて、音楽スクールに通わせてもらったというのがきっかけです。—よっぽど悔しかったのですね。現在高校1年生で、歌に演技とさまざまな活動をされていますが、将来の夢を教えてください。眞塩:歌手としても役者としても活動ができる表現活動のプロとして生きていきたいと考えています。できれば、ミュージカル作品に出演できるようになりたいです。—歌手としても役者としても活動ができる表現活動のプロとのことですが、具体的なイメージはありますか。眞塩;私の表現するもので誰かに楽しんでもらえる。そんなプロになりたいと考えています。そのためには、高校卒業後、洋楽やジャズ、R&Bなどを勉強しに海外留学したいと考えています。表現者としてはまだまだですので、もっと歌にしても演技にしても経験を積みたい。海外ではセッションのような楽しむという表現に溢れていると聞きます。その環境に身を置いて学びたいと考えています。

No image

—ありがとうございます。それでは、最後に作品に参加する意気込みを教えてください。眞塩;したいこと、挑戦したいという気持ちは人一倍です。声優としてはまだまだ未熟ですがこの作品を観た方が楽しんでもらえるような声優になれたらと考えております。—ありがとうございました。

No image

<Text/楠本慶彦>

千葉のテガちゃんネル

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加