国民の力の李俊錫代表とペ・ヒョンジン最高委員が握手拒否、肩を叩く、非公開でまた口論=韓国

国民の力の李俊錫代表とペ・ヒョンジン最高委員が握手拒否、肩を叩く、非公開でまた口論=韓国

  • WoW!Korea
  • 更新日:2022/06/24
No image

ペ・ヒョンジン国民の力最高委員(左)の握手要請をかわす李俊錫代表(右)(画像提供:wowkorea)

イ・ジュンソク(李俊錫)国民の力(与党)代表が23日、ペ・ヒョンジン国民の力最高委員の握手要請に手を振って拒否した。16日の‘ノールック握手’に続き、再び対立の様相が演出された。

李代表とペ最高委員は、党革新委員会、国民の党に割り当てられた最高委員の推薦など、党の懸案をめぐって連日衝突している。ユン・ソギョル(尹錫悦)大統領の就任前に報道官を務めたペ最高委員は、その後、親尹錫悦系と言及されている。このため、党の一部では、李代表と親尹系の関係が赤裸々に表れたのではないかとまで言われている。

李代表はこの日、国会で開かれた党最高委員会議でペ最高委員の握手要請を拒否した。

この時、紫色のジャケットを着たペ最高委員は、先に席に座って出席者たちを待っていた。李代表が席に入ると、ペ最高委員は李代表が来るほうに歩いて握手をするために手を差し出したものの、李代表は手を強く振って拒否した。ペ最高委員は李代表の手首まで握ったが、李代表はこれを振り切った。この過程で2人の肩は軽くぶつかった。ペ最高委員はうなずきながら(李代表の後に)ついてきたチョン・ミギョン(鄭美京)最高委員らに近づいた。ペ最高委員は再び自分の席に戻る途中、李代表を見て李代表の左肩を‘パチン’と叩いた。李代表は何の反応も見せなかった。この場面は、国民の力ユーチューブチャンネルの‘上がった声’で生放送された。

2人の神経戦は会議を非公開に切り替わった後、ハン・ギホ(韓起鎬)事務総長から48の地方区に対する組織委員長公募結果の報告を受けている途中、口論へと続いたという。

ペ最高委員が組織委員長公募と関連して公認の話を切り出すと、李代表は「組織委員長任命と公認は別の話だ」と指摘した。

2人が声を上げるとクォン・ソンドン(権性東)国民の力院内代表は「また、そんなことはしないで会議を終わらせよう」と仲裁に乗り出したという。

李代表とペ最高委員は、李代表が党革新委員会を立ち上げた後から衝突している。

ペ最高委員は当時、李代表に対し「李俊錫の私組織」、「自己政治」などの鋭い発言をしていた。

2人は最近、非公開最高委員会においてアン・チョルス(安哲秀)議員が推薦した最高委員人選案に対する李代表の反対をめぐって「拙劣に見える」(ペ最高委員)、「指導部構成を変える重要な問題だ」(李代表)と対立したと報道された。

2人の衝突は20日の公開会議で非公開会議内容の流出責任を巡り、公開的に言い争いを行い、高まった。

これに先立ち16日には、最高委員会で李代表がペ最高委員に対し‘ノールック握手’をした。当時、ペ最高委員は会議に遅れて到着した李代表と握手するために手を差し伸べた。李代表は、そのようなペ最高委員を見ずに手を差し伸べていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加