阪神・アルカンタラにアクシデント 6回まで零封も打球直撃で負傷降板

阪神・アルカンタラにアクシデント 6回まで零封も打球直撃で負傷降板

  • ベースボールキング
  • 更新日:2021/06/10
No image

阪神のラウル・アルカンタラ

◆ 今季2勝目の権利を持って負傷降板

阪神のラウル・アルカンタラ投手(28)は10日、敵地で行われている日本ハムとの交流戦に先発。6回まで無失点の好投を見せ勝利投手の権利を持っていたが、7回途中に打球が直撃し負傷降板した。

アルカンタラは6回まで74球で2安打無失点と快投を見せていたものの、7回先頭の3番・近藤健介の打球が投げ終わりの足元を襲撃。必死にグラブを伸ばしたが及ばず、ショートバウンドした打球が左足スネ付近に直撃した。

苦悶の表情を浮かべていたアルカンタラはしばらく立ち上がることが出来ず、トレーナーや矢野燿大監督らがマウンドへ急行。なんとか自力でベンチへ下がったものの、その足取りは重く、2番手・馬場皐輔が場内にアナウンスされた。

アルカンタラは今季から阪神に加入した右腕。来日初登板となった5月16日・巨人戦で初登板初勝利を掴んでからは2試合続けて勝ち星がなく、この試合前の時点で3試合に登板して1勝1敗、防御率5.79の成績だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加