22年大河「鎌倉殿の13人」注目の源義経は菅田将暉 5年ぶり大河「生々しく演じたい」三谷作品も初参加

22年大河「鎌倉殿の13人」注目の源義経は菅田将暉 5年ぶり大河「生々しく演じたい」三谷作品も初参加

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/22

ヒットメーカーの三谷幸喜氏(59)が脚本を手掛け、俳優の小栗旬(37)が北条義時役で主演を務める2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の新キャストが20日、番組公式ツイッターで発表され、俳優の菅田将暉(27)が鎌倉幕府初代将軍・源頼朝の弟・源義経役で出演することが決まった。大河ドラマ出演は2017年「おんな城主 直虎」以来、5年ぶり2作目。三谷作品は初参加となる。三谷氏自らが動画で官房長官の記者会見風に16日から5日間連続で総勢24人の第1次出演者を発表する異例のスタイル。最終日の発表となり、SNS上で予想合戦が展開されるなど注目された義経役。歌手としても活躍し、今、最も旬な俳優の1人、菅田が天才軍略家の悲劇の武将を演じる。

No image

2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に源義経役で出演することが決まった菅田将暉(C)NHK

大河ドラマ61作目。主人公は鎌倉幕府の第2代執権・北条義時。源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男。野心とは無縁だった若者は、いかにして武士の頂点に上り詰めたのか。新都・鎌倉を舞台に繰り広げられるパワーゲームを描く。三谷氏は04年「新選組!」、16年「真田丸」に続く6年ぶり3作目の大河脚本、小栗は大河初主演に挑む。

過去に七代目尾上菊五郎(78)滝沢秀明氏(38)神木隆之介(27)らが演じた源義経。菅田は「『悲劇の武将』と言われ、ドラマティックに描かれることが多い人物ではあるけれど、意外と創作されているエピソードも多く、実体がよく分からないところが、演じる上では興味深いと思っています。いつも歴史上の人物や実在の方を演じる時に心掛けているのは“血の通わせ方”“綺麗事で終わらせない”ということ。特に義経は綺麗なイメージがあるので、生々しく、義経は生きていたんだと僕自身も実感しながら演じていきたいです」と“菅田義経”の造形に意義込み。

大河初出演となった「直虎」は、主人公・井伊直虎(柴咲コウ)の養子・井伊直政役。「前回は初大河ドラマで途中参加だったので、緊張することが多く、分からないことも多かったです。僕が撮影に合流した時はちょうど小野政次(高橋一生)が亡くなる辺りで、物語的にも自分の演じた井伊直政が空気を変えなくてはという展開だったので、とにかくシャカリキに演じたのを覚えています」と思い返した。

三谷作品は初参加。「ヒーローをそのまんまヒーローとしては描かず、より人間くさくダメな部分にも愛情を持って描かれる印象があるので、 どんな義経が描かれるのか、楽しみです」

小栗とは映画「銀魂」などに続き、6度目の共演。「いち小栗旬ファンとして、小栗さんが大河ドラマの主演をされることが純粋に楽しみです。公私共にお世話になっている先輩で、僕が知る限りでは一番頼もしいリーダーだと思います。そして誰よりも嫉妬をする方で、若手やベテラン関係なく良い物は良いと言ってくださる方。そういう方が先頭に立ってくれるのはとても刺激的ですし、自分も頑張っているところを見せたいなと思います。熱く大事な時間になりそうです」と撮影を心待ちにしている。

初日(16日)に発表されたのは、小池栄子(40)片岡愛之助(48)松平健(66)佐藤二朗(51)の4人。小池は主人公・北条義時の姉にして鎌倉幕府初代将軍・源頼朝の妻・北条政子、愛之助は義時の兄・北条宗時、松平が平家の総帥・平清盛、佐藤はタイトルにある“13人”の1人にして頼朝の側近・比企能員(ひきよしかず)を演じる。

2日目(17日)に発表されたのは、中川大志(22)小泉孝太郎(42)南沙良(18)野添義弘(62)杉本哲太(55)の5人。中川は“武士の鑑”と言われた若手御家人筆頭・畠山重忠、小泉は清盛の三男にして後継者・平宗盛、南は頼朝の愛娘・大姫(おおひめ)、野添は“13人”の1人にして頼朝の従者・安達盛長、杉本は頼朝の叔父・源行家を演じる。

3日目(18日)に発表されたのは、山本耕史(44)横田栄司(49)辻萬長(76=「辻」は一点しんにょう)宮澤エマ(31)阿南健治(58)の5人。山本は義時の盟友・三浦義村、横田は“13人”の1人にして鎌倉幕府軍事長官・和田義盛、辻は義時の祖父・伊東祐親(すけちか)、宮澤は義時の妹・阿波局(あわのつぼね)、阿南は相模の豪族・土肥実平を演じる。

4日目(19日)に発表されたのは、坂東彌十郎(64)金子大地(24)新納慎也(45)迫田孝也(43)栗原英雄(55)の5人。彌十郎は“13人”の1人にして義時の父・北条時政、金子は頼朝の長男・源頼家、新納は頼朝の異母弟・阿野全成(あのぜんじょう)、迫田は頼朝の異母弟・源範頼、栗原は“13人”の1人にして鎌倉幕府行政長官・大江広元を演じる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加