一問一答 吉田麻也、南ア“コロナ騒動”も混乱なし「今大会に関してはこれも一つのキーポイント」

一問一答 吉田麻也、南ア“コロナ騒動”も混乱なし「今大会に関してはこれも一つのキーポイント」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/07/22
No image

南アフリカに勝利し、タッチを交わす吉田麻也(5)ら日本イレブン=味の素スタジアム(撮影・松永渉平)

東京五輪・サッカー男子1次リーグA組 日本-南アフリカ(22日、味の素スタジアム)原則24歳以下で争われるサッカー男子の日本は、1次リーグA組第1戦で南アフリカと対戦し、1-0で勝利した。後半26分、トップ下で先発したMF久保建英(20)=レアル・マドリード=が値千金のゴールを決め、勝ち点3に貢献した。日本は25日にメキシコ、28日にフランスと対戦する。

試合後、DF吉田麻也(32)=サンプドリア=が応じたインタビューの一問一答は以下の通り。

--初戦で勝ち点3。試合を終えて

「前半、ちょっとチーム全体としてシャイだったなと思いますけど、なんとか1点を取れて、それを守り切れたかなと。ただ、本来はもっともっとできるチームだと思うので、もっと最初から自信を持ってやるべきだと思いますし、勝っている時の戦い方はもっと良くなるんじゃないかな思います」

--南アが混乱の中で迎えたゲーム。感情としてはどうだった

「特にチームとしては問題なかったんじゃないかなと。しっかりと検査で陰性が出ていますし、ほとんどの選手はヨーロッパでそういう形でやってきているので、そんなに大きな混乱はなかったです。もちろんベストで戦えれば、フェアに戦えれば一番よかったですけど、今回の大会に関してはこれも一つのキーポイントだと思うので、引き続き僕らは感染者が出ないようにしっかり自制してやっていきたいと思います」

--無観客の試合。どんな気持ちでピッチに入ったか

「やるべきことは変わらないですし、僕らはサッカー選手として、アスリートとして、ルールに沿ってプレーするだけなので特に大きな変化はなかったです。もちろんこれだけ良いスタジアムでサポーターがいてくれたら、もっとよかったと思いますけど、カメラの向こうで1億人のファンの皆さんが応援してくれていると信じています」

試合結果へ試合日程へ五輪代表メンバーへ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加