西武の自力CS消滅、十亀2被弾「入りは良かった」

西武の自力CS消滅、十亀2被弾「入りは良かった」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/17
No image

西武対オリックス 6回表オリックス1死一塁、モヤに2点本塁打を許し悔しそうな十亀(撮影・浅見桂子)

<西武1-4オリックス>◇17日◇メットライフドーム

西武は自力でのCS出場が消滅し、最下位オリックス戦の負け越しも決まった。

十亀剣投手が今季6試合目で初先発。「入りは良かった」と序盤は無失点でしのいだが5回に大下にソロ、6回にモヤに2ランを許した。大下にはカーブを捉えられ「その前の打席でカーブ2つを見逃しと空振りで、多分それを打ってやろうというのはあったんじゃないですかね」と悔やんだ。チームは2年契約最終年の辻発彦監督に続投要請する方針を固めており、シーズン終了後にも、来季を託すことが正式決定する見通しだ。

▽西武辻監督(今季オリックス戦負け越し) ピッチャーにしても、よう考えてみると、打たれるバッターにずっと打たれたような気がするしね。反省して対策を練っていかなきゃ。今後もあるしね。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加