片手バックハンドのスピンをガスケから、戦術をエバンスから学んだ守谷総一郎【プロが憧れたプロ|第24回】<SMASH>

片手バックハンドのスピンをガスケから、戦術をエバンスから学んだ守谷総一郎【プロが憧れたプロ|第24回】<SMASH>

  • THE DIGEST
  • 更新日:2022/06/23
No image

現在、プロとして活躍している選手も、現役を引退してコーチをしている人も、小さい頃には憧れのプロがいたはずだ。【プロが憧れたプロ】シリーズの第24回は、今年現役を引退したばかりの守谷総一郎。

◆   ◆   ◆

守谷はジュニア・デ杯で日本代表としてプレーし、世界1位に貢献。片手バックハンドとセンス溢れるネットプレーが特徴で、ダブルスでの活躍が目立つ選手だった。アレルギーの影響でワクチンが打てない守谷は、コロナ渦でテニス選手を続ける限界を感じて引退を決意。しかし、テニスへの思いは強く残り、現在はMTSテニスアリーナ三鷹強化選手のコーチとして活動している。

「カッコいいし、色々なショットを打ちたかった」という理由で両手ではなく片手バックハンドを選んだ守谷は、ジュニア時代からプロの動画を見て研究してきた。特にお気に入りだった選手は、リシャール・ガスケとダニエル・エバンスだ。

「ガスケは片手バックのスピンを自由自在に操っている感じ」と特にスピンを参考にした。「両手バック並みに回転量が多く、スピンでしのぐこともできます。そして、(クロスに打った時)外に跳ねさせることができるんです。それをマネしようとして、僕もグリップが厚くなりました」

ガスケのプレーで特に衝撃的だったのが、2013年マイアミ・オープンのアンディ・マリーとの試合。長いラリーの後、センターマーク付近から逆クロスでエースを取ったショットだ。あともう1つ、2010年フレンチオープンでのマリー戦で、コートのかなり後ろから放ったバックのダウンザラインのリターンエース。話しながら動画も見せてくれた。

「片手バックでエースが取れると盛り上がるし、自分も気持ちがいいんです。ガスケのプレーを見て、どうしたらダウンザラインや逆クロスでエースが取れるかを考えるようになりました」と、実際に試合でバックのダウンザラインを打つ頻度が増えたという。

もう1人、エバンスから学んだのは組み立てだ。片手バックで「スライスの使い方がうまい」のが特徴で、彼の組み立てを見ることで、「強いショットをそこまで打たなくてもいいんだ」と思えるようになったという。

「球種、深さ、コースを打ち分けて組み立て、突然リズムを変えたりします。1球1球、探りながらラリーをしているようで見ていて面白いです。ただボールを打つのではなく、何かをするためにこのボールを打っていると考えられるようになりました」

つまり、「考えてテニスをする」ことをエバンスから学んだわけだ。最後に自分のプレーの上達のために、どういう選手を参考にするといいのかを聞くと、「なりたい選手とマネできる選手は違うので、グリップや打ち方が自分に近い選手がいいです」とのこと。もしあなたが、厚めのグリップで片手バックハンドを打つタイプなら、ガスケとエバンスを参考にしてみてはいかがだろうか。

取材・文●赤松恵珠子(スマッシュ編集部)

【PHOTO】ガスケのサービスフォームの変遷。2010年と2017年を比較したフォームの変化がわかりやすい連続写真

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加