【秋華賞】(10)クラヴァシュドール テンション課題も好感触「G1でも好勝負できる」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/10/19

クラヴァシュドールは、角馬場で入念に体をほぐしてから坂路に向かった。猿橋助手は「テンションが上がってしまうところが課題ですが、今は凄く落ち着いています」と好感触。4度目のG1挑戦で初タイトルを目指す。「気持ちのコントロールができれば、G1でも好勝負できるだけの実力はある」と意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加