【基本のスキンケア】物価高でケチる前に「0円で見直せる」こと

【基本のスキンケア】物価高でケチる前に「0円で見直せる」こと

  • コクハク
  • 更新日:2022/06/23

物価高が家計に重くのしかかってきていて、日々の美容ではなるべく節約したい人も増えているよう。一方、梅雨になると「肌の調子が悪くなった。ベタつきがひどい」「いつも通りお手入れをしているのに肌がかさつく」などの相談が筆者のもとには増えています。
メイクのりが悪くなったと感じる人も少なくないようで、「肌の調子を上げるには、何を足したらいいですか?」といった質問も多く受けています。
湿度や気温がぐんと上がりやすい今の時期は、何かを足したり変えたりする前に、基本のスキンケアを見直すことが、時短かつお手入れの満足度を上げるポイントになるケースも多いですよ。節約にもなり一石二鳥です。
時短美容家の並木まきが、今こそ見直したい「基本スキンケアの見直し術」についてお話します。

1. 化粧水と乳液の使用量をチェック!

No image

なんとなく肌の調子が悪い(写真:iStock)

毎日のお手入れで使う「化粧水」や「乳液」。これらのケアって基本すぎて、いつものルーティンで何気なくやっている人も少なくないかもしれません。

美しいウクライナ女性たち 戦火でも“バッチリメイク”の理由

肌不調を感じたタイミングでは、ひょっとすると「水分ケア」と「油分ケア」のバランスが関係している可能性もあるので、普段の化粧水や乳液の使用量をチェックしてみましょう。

何気なくお手入れをしていると「化粧水が少なすぎ」「乳液が多すぎ」といったことが原因で、乾燥やベタつきを招いていることも少なくないんですよね。

一般的には化粧水は「500円玉硬貨」、乳液は「10円玉硬貨」程度が適量です。ただし、化粧品のパッケージに書かれている推奨量があれば、そちらに従うのがベター。

また、顔の大きさやその日の肌の調子によっても「いい感じ」と感じる量は異なると思うので、乾燥が気になるときは乳液を重視、ベタつきが気になるときは化粧水重視のスキンケアを意識するのもいいと思います。

では実際の目安使用量を、写真とともに解説します。アクリル板に乗せているので、少し広がってしまっていますが、目安として参考にしてみてください。

スキンケアの「適量」ってどのくらい?

No image

化粧水の目安量 (C)コクハク

化粧水の目安量はこのくらいです。アクリル板の下に影が写っていますが、上部の○くらいのサイズです。

No image

乳液の目安量 (C)コクハク

乳液はこのくらいが目安です。

No image

「チェルチェル ブルーミングローション(画像右:化粧水)」と「チェルチェル エモリエントミルク(画像左:乳液)」 (C)コクハク

並べてみると、このくらいの違いがあります。参考までに、使用したコスメは「チェルチェル ブルーミングローション」と「チェルチェル エモリエントミルク」。

さっぱり使用感で梅雨にも使いやすい和漢植物エキス配合の化粧水と、ベタつきにくくうるおいを感じやすい植物エキス配合の美容乳液です。化粧水と乳液の量を調整することで、自分好みのうるおい感ケアがしやすいシリーズです。

2. スペシャルケアを取り入れるときは「乳液の前」に

No image

シートマスクは“ながら美容”にも便利 (C)コクハク

シートマスクや美容液などのスペシャルケアを取り入れるときには「乳液の前」に組み入れると、効果を実感しやすいと思います。

というのも、乳液は油分が多いことから、シートマスクや美容液の前に使ってしまうと、油分のせいで美容成分がはじかれてしまう可能性も。さらには、油の上から何かを加えることで“ヌルヌル・ベタベタ”といった肌感にもなりやすいのです。

乾燥が特に気になる箇所への裏ワザとして、シートマスクの上から乳液を塗り込む方法もあるのでご紹介しましょう。

こんなふうにシートマスクの上から、単純に乳液を重ねるだけ。そっと乗せるだけでもいいですし、マスクに軽く塗り込んでも◎。その日の肌状態によってうるおいケアを調節できます。

ちなみに、この方法は以前、田中みな実さんが乳液を塗り込んだ側をくるりとひっくり返して、美容液マスクのあとは乳液マスクとして“ダブル使い”する方法を紹介して話題になりました。

手持ちのコスメで満足度を上げる方法

No image

順番を変えると仕上がりにも変化が(写真:iStock)

コスメを同メーカー、同シリーズでライン使いをする場合には、パッケージに記載されている順番を守るのがベストですが、様々なメーカーのものを組み合わせて使う場合には、順番を工夫すると肌の雰囲気が変わることも。

心当たりのある方は、ぜひこの機会に見直してみるといいかもしれません。新しいアイテムを買わなくても、手持ちのコスメで満足度を上げられる可能性も大です。

参考までに、使用コスメは「カネボウ スマイル パフォーマー(シート状美容液マスク)」と乳液は先ほどの「チェルチェル エモリエントミルク」です。

こちらのマスクは口角から頬へ引き上げながら密着させ、ハリつやケアができるマスクで、動き回ってもズレにくく“ながら美容”にも便利です。

手持ちのコスメの使用量・順序を見直すと節約時短美容に!

No image

手持ちのコスメを使いこなす!(写真:iStock)

物価がぐんぐんと上がっている今は、日々の美容でも節約を意識したい人が増えています。

新しいコスメを買い足す前にできる節約術としては、まずは「使用量」と「使用の順序」の見直し。化粧水や乳液の使用量をケチって新しいコスメを買うよりも、まずは手持ちのもので肌を喜ばせることができれば節約効果も高まります。

さらに、自分に必要な適量コスメがわかると、スキンケアの時間も少なく済み、結果的に時短美容も叶いますよ〜。

(※筆者注:画像は筆者の私物です。文中の効果は筆者の個人的な感想です)

(並木まき/ライター・エディター)

並木まき

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加