キャバクラ休場の大関朝乃山きょう処分決定 4場所以上の出場停止か

キャバクラ休場の大関朝乃山きょう処分決定 4場所以上の出場停止か

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/06/11
No image

朝乃山(2021年5月19日撮影)

日本相撲協会作成の新型コロナウイルス対策のガイドラインに違反した大関朝乃山(27=高砂)の処分が、11日の臨時理事会で決まる。

引退勧告までは至らず、4場所以上の出場停止処分となる見込み。大関という責任ある立場と、一時は協会に虚偽報告をしていたことが処分に加味される。名古屋場所(7月4日初日、ドルフィンズアリーナ)はかど番で迎えるため大関からの陥落は確実で、幕下以下からの出直しとなる。

朝乃山は緊急事態宣言中の夏場所前に複数回キャバクラに行くなどし、ガイドラインに違反した。夏場所中に行われた協会の調査に1度は否定したが、その後に認め、同場所を途中休場。コンプライアンス委員会が事実関係を調査し、4日までに理事会への処分答申をまとめていた。臨時理事会では、師匠の高砂親方(元関脇朝赤龍)の減俸処分も科される見込みとなっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加