【ダイソー】見つけたら即買って!3歳児が集中して遊んだ新作知育カードは大容量50枚入りでお得♪ 遊びの幅も広がる!

【ダイソー】見つけたら即買って!3歳児が集中して遊んだ新作知育カードは大容量50枚入りでお得♪ 遊びの幅も広がる!

  • おやこのくふう
  • 更新日:2022/06/23
No image

こんにちは!ママライターのさかきひろみです。
バラエティに富んだ幅広いジャンルのおもちゃが揃うダイソー。とくに知育おもちゃはハイクオリティで、コスパの良いアイテムばかり!

SNSで話題になった商品は、店舗を覗いても常に売り切れ状態ということも…。

そんなダイソーで今じわじわと人気を集めている新作知育カード「神経衰弱メモリーカード」シリーズ3種類をゲット!3歳の娘と一緒に遊んだ様子をレポートします。

知育要素満載!3歳児でも楽しめるメモリーカード

No image

神経衰弱というとトランプが一般的ですが、小さな子どもが遊ぶには少し難易度が高いですよね。

メモリーカードは絵やイラストを揃えて遊ぶ知育玩具なので、数字が読めない小さな子どもでも楽しめるのが特徴のひとつ。

記憶力が養われるだけでなく、手先の器用さや集中力、コミュニケーション能力の向上といった知育要素たっぷり!遊びながら学べるのは、親としてもうれしいポイントです。

50枚入って110円!?イラストもとってもキュート

No image

「神経衰弱メモリーカード」は、たべもの・のりもの・どうぶつと、全3種類のシリーズがあります。

「神経衰弱メモリーカード(たべもの)」(110円・税込)は、くだものや野菜だけでなく、スイーツやフードメニューのイラストもありました。

No image

カード1枚のサイズは5cm×5cmで、小さな子どもの手に収まるサイズ感。対象年齢は3歳以上です。

No image

こちらは「神経衰弱メモリーカード(のりもの)」(110円・税込)。パキッとしたカラーで、色彩感覚も養えそうです。

「神経衰弱メモリーカード(どうぶつ)」(110円・税込)です。それぞれ日本語と英語表記で1セットになっているのも魅力的なポイント。

メモリーカードで遊んでみた!

No image

さっそく、3歳の娘と神経衰弱で遊んでみました。

No image

すべて並べると難しそうだったので、まずは枚数を減らしてチャレンジ!ルールを説明してもはじめは難しかったようで、すべてのカードをめくろうとする娘。

遊んでいるうちにだんだんとルールを理解してきたようで、同じ絵がそろったらカードをゲットできると分かりうれしそうな様子。

途中から小学生のお兄ちゃんも参戦し、トータルで1時間近く集中して遊んでいました。

全種類裏面は同じ柄なので、少し年齢が上の子どもと遊んだり、慣れてきたら、くだもの・のりもの・どうぶつ全種類混ぜて遊ぶと少し難易度が上がり盛り上がりますよ!

ほかにもこんな遊び方ができる!

No image

箱のフラップ部分には、絵合わせ以外の遊び方が記載してあります。

ペアの片方を読み札にして遊ぶ「かるた遊び」や、カードに描かれたイラストの英語の名前を当てる「英語名前当てクイズ」、カードのイラストを見ながらお話を作る「お話づくり」など、メモリーカードひとつでこんなに遊べるとは驚きです。

娘は、たべものカードを使っておままごとを、どうぶつやのりものカードを使ってごっこ遊びを楽しんでいました!

***

「神経衰弱メモリーカード」は、雨の日や暑くて外出できない日のおうち時間にもぴったり。売り切れている店舗も多かったので、見つけたら即買い必至です!

合わせてよみたい▶ダイソーの「知育マグネット」徹底活用術!ゲーム感覚で英語&算数好きに♪知育ママおすすめの遊び方を紹介

▶【セリア】4歳が2時間ぶっ通しで夢中になった"汚れないぬりえ"は梅雨のおうち遊び救世主!筆付きで110円ってコスパ抜群

▶【現役保育士絶賛!】セリアの「トラック型知育おもちゃ」はじっくり集中して”考える力”を養える

さかきひろみ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加