巨人・元木ヘッド「もっと早い回に点がほしかった」0-7から一時は1点差に追い上げる粘りも及ばず

巨人・元木ヘッド「もっと早い回に点がほしかった」0-7から一時は1点差に追い上げる粘りも及ばず

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/02
No image

6回、スモークの中前打で二走・岡本和が生還=東京ドーム(撮影・佐藤厚)

「巨人6-9中日」(1日、東京ドーム)

巨人が乱打戦に敗れて連敗となった。これでこの日降雨ノーゲームとなった首位・阪神とのゲーム差が3に広がった。

投手陣が打ち込まれ、0-7で迎えた六回、岡本和、スモーク、梶谷の適時打で4点を返すと七回には絶好調のウィーラーが2点本塁打を放ち、6-7と1点差にまで迫った。しかし九回にビエイラが中日・大島の2点適時打で追加点を奪われて力尽きた。

元木ヘッドコーチは「先に点を取られてしまったんで、もっと早い回に点がほしかった」と悔やんだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加