宇良、幕内返り咲きへ“ミニマリスト”になる!

宇良、幕内返り咲きへ“ミニマリスト”になる!

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/05/05

西十両2枚目の宇良(28)が、必要最小限の持ち物で丁寧な暮らしを実践する「ミニマリスト」になって、再入幕の壁を突破する。

昨年4月から東京・墨田区の木瀬部屋の個室にたまった私物の「断捨離」を本格的に始め、「ミニマリストにあこがれて、ユーチューブで勉強したり、本も読んでいる。最近(個室が)すっきりしてきた」。服やTシャツは5枚に厳選。活字媒体も整理し、電子書籍に切り替え、テレビも処分した。

物をため込む性格だったが、勝負に通じる意識と共通する一面にも気づき「自分に必要なものを問いかけ、日常で何をすべきかも明確になる。(断捨離は)決断力もつく」。関取復帰3場所目となった3月の春場所は、左ふくらはぎの負傷で途中休場から再出場し、10勝を挙げた。

この日も自身のほかに6人いる部屋の関取と申し合い(勝った者が何度も取る)を行い、「チャンスがあるならば、つかめるようにしたい」。平成29年九州場所以来の幕内返り咲きへ。邪念も捨てる。(奥村展也)

No image

部屋の関取衆と精力的に申し合いを行う宇良(左)が「ミニマリスト」に。決断力もついた?!(日本相撲協会提供)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加