西武・平良海馬がまるで“テディベア”?! マウンド上に座り込む姿が「可愛すぎる」

西武・平良海馬がまるで“テディベア”?! マウンド上に座り込む姿が「可愛すぎる」

  • フルカウント
  • 更新日:2021/09/15
No image

西武・平良海馬【画像:パーソル・パ・リーグTV】

野村の折れたバットを回避した平良はマウンドに尻餅をつく形に

■西武 3ー1 日本ハム(14日・メットライフ)

14日にメットライフドームで行われた日本ハム戦で西武の平良海馬投手の見せた行動が注目を集めている。マウンド上に座り込む姿にファンは「可愛すぎる」と喝采の声をあげている。

2点リードの9回にマウンドに上がった平良。先頭の野村に投じた3球目、インハイの真っ直ぐにバットは根本から折れ、力のないゴロとなった。だが、折れたバットの先端部分がマウンドの平良を急襲。間一髪のところで回避した平良はそのままマウンド上に尻餅をつく形となった。

転がってきたゴロを素手で掴んだ右腕は慌てて一塁へ送球。これは悪送球となったものの、一塁手の呉念庭がすぐさまボールを追うと、二塁へ好送球。進塁を狙った野村をアウトに。座り込んだまま、プレーの行方を見守っていた平良も笑顔を浮かべ、立ち上がると、外崎ら先輩たちに砂を払われる“ほのぼのシーン”が繰り広げられた。

「パーソル パ・リーグTV」の公式YouTubeがこの一部始終を「【ほのぼの珍】平良海馬『圧倒的テディベア』マウンドが”一瞬で実家”になる」と題して動画で紹介すると、大反響に。ファンから「可愛すぎる」「平良かわいすぎる!」「怪我しなくて本当によかった」「平良の笑顔がめっちゃかわいい」との声が上がり、砂を払ってあげた外崎や源田の行動に対しても「優しすぎる兄さん」「外崎、源田が砂埃を払うところが優しいね!」と喝采の声があがっていた。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加