少子化でも部員170人のラグビークラブ 土俵で鍛え、全国大会へ

少子化でも部員170人のラグビークラブ 土俵で鍛え、全国大会へ

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2023/01/25
No image

"大野城市の井本宗司市長らに全国大会出場を報告する「つくしヤングラガーズ」の小学生ら=福岡県大野城市"

福岡県のラグビークラブ「つくしヤングラガーズ」の小学生やコーチが23日、井本宗司・大野城市長に、1月末に横浜市である全国大会出場を報告した。

1977年創部で、日本代表の選手らが輩出。少子化でも、小中学生の部員は約170人に上る。正月には地元の土俵で相撲大会を開き体幹を鍛えている。

大相撲の九州場所で境川部屋が宿舎を構える大野城市。「今日は親方にも来てほしかった」との声に、コーチからは「相撲には行かんでよ!」と物言いがついた。(小川裕介)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加