世界初の「水に浮かぶアップルストア」、シンガポールにオープン

世界初の「水に浮かぶアップルストア」、シンガポールにオープン

  • Forbes JAPAN
  • 更新日:2020/09/16
No image

シンガポールの新しいアップルストア旗艦店が、9月10日にオープンした。新店舗は目を引く球体の建物で、シンガポールを象徴するマリーナ湾に浮かんでいる。近くには、同じく水に浮かぶルイ・ヴィトンの店舗「アイランド・メゾン」がある。

総ガラス張りのドーム型店舗をデザインしたのは、世界各地のアップルストアを設計しているフォスター・アンド・パートナーズ(Foster + Partners)だ。表面を覆う114枚の曲面ガラスは、わずか10本の細長い縦仕切り(構造部材)だけで接合されている。

アップルは7月末にも、タイのバンコクで、フォスター・アンド・パートナーズが設計したアップルストア旗艦店をオープンしたばかりだが、そちらはガラスの円筒形だ。

シンガポールの新アップルストアは、有名ナイトクラブ「アヴァロン(Avalon)」があった場所だ。店内に足を踏み入れると、360度のパノラマビューで、立ち並ぶ高層ビルを楽しめる。うっとりするような新しいショッピング体験は、世界各地のアップルストア512店舗では味わえない、この店舗ならではのものだ。

No image

Getty Images

シンガポールにはほかにも、2つのアップルストアがある。高級店が立ち並ぶオーチャード・ロードにある最初の旗艦店と、ジュエル・チャンギ・エアポート店だ。アップルは40年前からシンガポールに深く根差してきた。1981年にアン・モー・キオ通りに構えた最初のオフィスでは、世界中で販売されたApple II(アップルツー)コンピューターのプリント基板を製造していた。

シンガポールの新旗艦店は、広さが約1580平方メートルで、3つの特徴あるゾーンに分かれている。まずは、岸とドーム状の店舗を結ぶオープンエアのボードウォークだ。ここを通ってドームに入ると、高い天井の中央に、ローマにある古代神殿パンテオンに着想を得た円窓があり、自然の光が店内を照らしている。一方で、何重にも配された白いバッフルプレートが、降り注ぐ熱帯の暑気と強烈な太陽光を遮っている。ガラスの壁沿いには植物がぐるりと配置されており、シンガポールを彩る豊かな緑を讃えている。

ドームの店舗内には、さまざまなイベントが行われる「ザ・フォーラム」と呼ばれるスペースがあり、薄くてベゼルのないデザインの、アップル製の巨大な新世代LEDビデオウォールを中心に構成されている。ここでは、「Today at Apple」セッションのほか、特別イベントも開催される予定で、シンガポールのアーティストやミュージシャン、クリエーターたちのステージとなる。

No image

Getty Images

ファーウェイが上海にオープンした旗艦店と同様に、このアップルストアでも、従業員約150人が23を超える言語に対応し、来店客それぞれに技術的なアドバイスを提供する。

3つめのゾーンは、エスカレーターで降りていく水中の会議室だ。ここは、起業家や開発者を対象にしたトレーニングや個人相談の場となる。また、水中トンネルの役割も果たしており、大型ショッピング施設「ザ・ショップス・アット・マリーナベイ・サンズ」へとつながっている。

光を放つランタンのような外見のこのアップルストアは、9月10日午前10時10分(現地時間)にオープンした。中秋節を祝うフェスティバルにぎりぎり間に合ったかたちだ。

ただし、来店できるのは予約客のみ。新型コロナウイルス感染防止の厳しい対策を順守し、マスクの着用と検温、ソーシャル・ディスタンシング(社会的距離の確保)が義務づけられている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加