「花手水」が人気 SNS映え必至!色とりどりの花が鮮やかに...四国霊場七カ所まいり【香川】

「花手水」が人気 SNS映え必至!色とりどりの花が鮮やかに...四国霊場七カ所まいり【香川】

  • OHK岡山放送
  • 更新日:2021/04/08
No image

岡山放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

香川県の中西部にある四国霊場の7つの寺を巡る「七カ所まいり」の霊場が、新型コロナの感染防止対策で使えない手水鉢を使ったある取り組みを始め、話題となっています。

手水鉢に浮かべられた色とりどりの花々。

(河野有紀記者)

「感染症対策として、使用できなくなっている手水ですが、四国霊場七カ所まいりの各寺ではこの手水に花を浮かべて彩った花手水がいま、人気を集めています」

これは四国霊場71番から77番までの札所を巡る七カ所まいりの寺が花めぐりと銘打ち行っているものです。

新型コロナの収束が見えない中、七カ所まいりをしながら各寺の花手水を見て、参拝者に楽しんでもらおうと初めて行われました。

見た目の華やかさから、SNS映えする写真が撮れると話題となっています。

(参拝客は…)

「フェイスブックでやっていると聞いて来た。これから他のお寺も回ってみたいと思う」

(74番・出釈迦寺 岡田幸恵住職)

「アジサイ・菊・カーネーションなどのカラフルな花が並べられている。少しでも多くの方にお参りしてもらって、このキレイな花を楽しんでもらえたら」

札所を巡りながら、ハスの花を模した紙に訪れた寺の朱印を押してもらう散華帳を集めるのも魅力の1つです。

四国霊場七カ所まいり花めぐりは4月11日まで行われます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加