“ママ”前田敦子、スニーカーは履きやすさ重視 長男とお揃い「買ってしまう」

“ママ”前田敦子、スニーカーは履きやすさ重視 長男とお揃い「買ってしまう」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/02/22
No image

女優の前田敦子が22日、都内で開催された「スニーカーベストドレッサー賞 2021」の授賞式に出席。スニーカーを素敵に履きこなしている著名人に送られる同賞の女優部門を受賞した。

前田敦子、大食いバラエティ初挑戦! 驚異の胃袋に共演者驚き

トロフィーを受け取った前田は「この度は素敵な賞をいただきありがとうございます」とにっこり。「スニーカー好きで、AKB時代もずっとレッスンのときスニーカーでしたし、学生時代もスニーカーで、母になっても毎日スニーカーが欠かせない。人生の中で相当履いてきたので選んでいただけて本当にうれしかった」と喜んだ。

前田は2018年7月に俳優の勝地涼と結婚、翌19年3月に第1子男児を出産し、仕事に育児に忙しい日々を送っている。プライベートで履くスニーカーは「さっと履けるスニーカーがやっぱり一番多いですね」と母親らしいコメントをし、選ぶポイントも「いまおしゃれなスニーカーたくさんあるので色は沢山の種類を持ちたい。流行りの色に合わせて毎シーズン一足は買っています」としつつも、「すぐ履ける、履きやすいのが私の中でブーム。履きやすいスニーカーもうたくさんありますけど履いているかわからないスニーカーを追求してほしい」と語った。

また、昨春に発出された緊急事態宣言中に「子供が歩き始めまして。散歩で初めてスニーカーを履かせて一緒にスニーカーで歩いた思い出がある。いまお揃いがいっぱい売っているので思わず買ってしまう」と明かし、ママの顔をのぞかせた。すると芸人部門の受賞となったお笑いコンビ・チョコレートプラネットの松尾駿が「僕も6月に子供が生まれた。子供用のかわいいスニーカーがいっぱいあるから親子で揃えた気持ちすごくわかる。もうどんだけ~! っていうくらい種類がある」と話に入ると、「そうなんです~!」とパパママトークで盛り上がった。

前田のほか、モデル部門を生見愛瑠、俳優部門をTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEの川村壱馬、芸人部門を松尾、特別賞に「スニーカービズ」を新たな県民運動として積極的に取り入れている福島県がそれぞれ受賞。

なお、前田は一部で勝地と離婚に向けた協議中であると報道されてから初の公の場となったが、離婚や今後のことについては何も語らなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加